Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

得点量産型のモンスター。ハーランドが 持つストライカーとしての資質

配信

webスポルティーバ

サッカースターの技術・戦術解剖第4回 アーリング・ブラウト・ハーランド <16歳の確変> 【動画】欧州5大リーグの衝撃フリーキック集  筆者の息子がまだ小学生のころ、たまに「ウイニングイレブン」で遊んだ。私は玉田圭司の身長を2mにした改造タマダをFWに起用にしていた。改造タマダの威力は凄まじく、スピードとパワーで名だたる世界的DFを打ち砕き、その躍動ぶりは笑ってしまうほどで、玉田にあのサイズ感があれば日本はワールドカップで優勝できただろうと思えた。  アーリング・ブラウト・ハーランドがノルウェーのモルデでプレーしていた時、負傷でしばらくチーム練習から離れていたという。戻ってきた16歳のハーランドは見違えるように大きくなっていて、急に点をとりはじめた。  チームメートの当初の印象は「そんなに大きくなかった」というが、現在のハーランドは194cm、87kgだ。大柄なノルウェー人の中でも大きくないわけがなく、全体練習から離れているうちに急成長し、サイズ感の違う改造人間のようになっていたわけだ。  モルデでは39試合に出場して14ゴール、2019年1月に移籍したザルツブルクでは16試合17ゴール。そして、昨年 の12月にはドルトムントへ移籍して8試合9ゴール。新型コロナウイルスの影響でヨーロッパ主要リーグは止まっているが、すでにレアル・マドリードへの移籍の噂も出ている。

10代で一気にスターにのし上がる選手は何人かいる。その中には数年後に世界的なスーパースターに飛躍する人もいるし、いつのまにか忘れられてしまう選手もいる。ただ、19歳のハーランドが怪物的なのは確かだ。  2m近い巨体にもかかわらずスプリントが速い。ステップワークもよく、足下もかなり器用だ。左足の一撃は速く重く、GKとの1対1から冷静に決めることができる。  2019年のU-20ワールドカップのホンジュラス戦では、9ゴールを挙げた。  ノルウェー史上最多の12-0というスコアもすごいが、ハーランドのひとりで1試合9得点は異常といっていい。ドルトムントでのデビュー戦でもハットトリックを記録していて、チャンスがあればいくらでも点をとりそうな凄みがある。ただ、なぜそんなにとれるのかは、正直まだよくわからない。 <ゴールを量産できる体格>  得点能力にはもともと確たる理由がわからないことが多い。スピードがある、キックが正確など、特徴はそれぞれある。しかし、速いからといって点がとれるとは限らず、うまくてもそんなにとれないタイプもいる。FWに得点能力が必要なのは明白だが、プロのスカウトに聞いても、得点能力については「点をとれている」という結果から判断しているとの話だった。  なんだかわからないが点がとれる。そういう選手は確かにいるが、ハーランドがゴールを固めどりできるのは、おそらくプレースタイルに関係がある。

【関連記事】