Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

シャープ製ソーラーパネルをEVに、外部電源からの充電ゼロも可能に

配信

MONOist

 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)とシャープは2020年7月6日、EV(電気自動車)用太陽電池パネルを製作したと発表した。  NEDOの事業で開発した変換効率31.17%の高効率太陽電池モジュールと同等のセルを活用しており、定格発電電力1kWを達成。走行距離や走行する時刻などの利用パターンによっては、外部電源からの充電回数をゼロにできると試算している。今後、走行距離や充電回数などの評価を行い、車載用太陽電池の普及につなげていく。  製作した太陽電池パネルは日産自動車の協力の下で「e-NV200」(蓄電池容量40kWh)に搭載し、公道走行用の実証車両とした。太陽電池の設置面積が広いことからミニバンタイプを選んだ。搭載した太陽電池は、NEDOの「高性能・高信頼性太陽光発電の発電コスト低減技術開発/革新的新構造太陽電池の研究開発/超高効率・低コストIII-V化合物太陽電池モジュールの研究開発」事業において開発したIII-V化合物3接合型太陽電池と同等のセルだ。  また、搭載した太陽電池のセルは厚さ0.03mmの薄いフィルム状で、車体の曲面形状に合わせて効率的に搭載できた。ルーフだけでなく、エンジンフードやバックドアにも設置している。これにより、車体の限られた設置面積で定格発電電力1150Wを実現した。  シャープとNEDOはトヨタ自動車のプラグインハイブリッド車「プリウスPHV」に太陽電池を搭載した実証実験も実施。モーターのみで走行するEV走行距離の延長や燃費改善、充電回数を減らすなど利便性向上の効果を検証した。なお、プリウスPHVは新車のオプションでもソーラー充電システムが設定されており、駆動用バッテリーや補機バッテリーに電力を供給できる。  シャープとNEDOは、PHVでの公道走行データに加えて、今回のEVでの実証実験の知見を国際研究協力プログラム「IEA PVPS task17」など調査活動に活用していく。また、車載用III-V化合物3接合型太陽電池の実用化に向けた高効率化とコストダウンにも取り組んでいく。

MONOist

【関連記事】