Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

玉木宏、元極道の主夫演じる『極主夫道』で日テレ系連ドラ初主演 「悩む事は何もありませんでした」

配信

リアルサウンド

 玉木宏が主演を務める連続ドラマ『極主夫道』が、2020年10月期の日本テレビ系日曜ドラマ枠で放送されることが決定した。 【写真】玉木宏演じる主人公“不死身の龍”の原作イラスト  本作は、新潮社『くらげバンチ』で連載中で、累計発行部数が200万部を超えるおおのこうすけの同名コミックを実写化する任侠コメディ。裏社会に数々の伝説を残した最凶の極道、“不死身の龍”。そんな彼が極道から足を洗い、選んだ道は、なんと専業主夫だった。  主演の玉木が演じるのは、極道時代は“不死身の龍”の異名で恐れられたが、極道から足を洗った後、美久と結婚し、現在は主夫業に打ち込んでいる元極道の龍。強面にグラサン、スーツの上に柴犬のキャラクターがプリントされたエプロンを羽織っている。足を洗ってからも、その外見や言動は極道時代のものが抜けておらず、それゆえに周囲の人物を畏怖させてしまっていることも多いが、本人に自覚はない。  放送延期となっていた主演ドラマ『竜の道 二つの顔の復讐者』(カンテレ・フジテレビ系)が7月28日から放送されることが決まったばかりだが、早くも新ドラマの主演が決まった玉木。なお、玉木が日テレ系連続ドラマで主演を務めるのは、本作が初となる。そんな玉木が、コワモテだけど、愛情深くて可愛らしい“不死身の龍”役で、“専業主夫”の大変さや楽しさ、トラブルや悩みを爽快に解決するカッコよさを体現する。  脚本を担当するのは、『99.9‐刑事専門弁護士‐』(TBS系)、『探偵が早すぎる』(読売テレビ・日本テレビ系)の宇田学ら。そして『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)、「浦安鉄筋家族』(テレビ東京系)の瑠東東一郎らが監督を務める。 【玉木宏 コメント】 ・ドラマの出演が決まったときの気持ち 悩む事は何もありませんでした。面白いと思った原作を、同じように面白いドラマだと思っていただけるようトライしてみたいと思いました。 ・原作を読んで、主人公“龍”にどんな感想を持ったか。どんな風に演じたいか 龍と周囲のアンバランスが大事なドラマだと思うので、龍なりの真面目さを大切に、まっすぐアプローチしたいと思います。 ・視聴者へメッセージ 『人は見かけによらぬもの』私自身、そう心がけて生活しておりますが、、、正直、接してみるまでは視覚からの情報を頼りにしてしまうこともあります(笑)。 龍の見た目とは裏腹な言動に癒され、クスッと笑え、気軽に愉しんでいただけるドラマを目指したいと思います。主夫の極み、是非お楽しみに。 【おおのこうすけ コメント】 ・『極主夫道』ドラマ化が決まったときの気持ち 『極主夫道』は自分の初連載の作品で、描き始めた頃は、まさかテレビドラマ化するなんて考えてもみなかったので、とても嬉しく思うと同時にこんな機会に恵まれたことに感謝しています! ・主演の玉木宏、今後発表になるキャストも含めて、楽しみにしている点など まず、主演の玉木さんをはじめ出演される方々の豪華さに驚いてます。 作中にはクセのあるキャラクターが多いので、どういう風に演じられるのか、一視聴者として楽しみです! ・ファンへメッセージ 漫画は漫画表現の中で楽しく読める工夫をしてきましたが、ドラマではドラマだからこそ出来る表現があると思います。 ドラマならではの『極主夫道』を沢山の方に観て楽しんでもらえると嬉しいです! 【中山喬詞プロデューサー コメント】 “日曜の夜に家族みんなでツッコミながら笑っていただきたい”そんなドラマです。 登場人物たちがまっすぐ生きている姿を全力でコミカルに、全力で愛らしく、 ちょっぴり無骨に描くコメディを楽しんでもらえればと思っています。 おおの先生の原作を読ませていただいたときに第一印象で「これは面白い!」と思いました。 そして、今こういう世の中になっている状況で改めて読み返し、 「龍のような仁義と愛に溢れているスーパー主夫を皆さんが求めているのでは」と強く感じました。 閉塞感が漂う中、粋で魅力的な主人公の生き様や言動にスカッとした気分になってもらえればと思います。 漢の色気と大人のカッコよさ、さらにチャーミングな一面を兼ね備えた玉木さんに 龍を演じていただくことができ、“極道”と“主夫”のギャップをどんな風に演じていただけるのか今から楽しみで仕方がありません。 玉木さん演じる龍とともに個性溢れる面々が、カチコミよろしく大暴れしますので是非ご覧ください!

リアルサウンド編集部

【関連記事】