Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

打つ前に決まってる!? 確実に寄せるためのパッティングの基本の構え

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
FUNQ

世界のトッププロのプレーを見ていてもパッティングの上手い選手はやはり強いことがわかる。300ヤード超えのドライバーショットは打てなくても、パッティングなら努力すればプロゴルファーのレベルまでスキルアップすることも不可能ではない。そこで、まずはパッティングにおいて大切な構えの基本をご紹介しよう。

両足を揃えて構えると体のスクエア感が高まる

パットの名手の共通点として言えることは、ボールの転がりが良いということ。なぜ転がりが良くなるのか。それはボールに対してフェースがきっちりスクエアに当たっているからだ。基本は両足を揃えて構えて、体の中心にボールとヘッドをセットすること。まずは、体の真ん中でボールをヒットする感覚をつかみ、そこから自分に合ったスタンス幅などを決めていく。スムーズに動かしやすいスタンス幅は必ず存在する。

スクエアに当てる感覚をつかむには、まず両足を揃えた構えから始めると体感しやすい。両足を揃えて打つプロも少なくない。

ボールに対していかにスクエアにヒットできるかが重要だ。まっすぐに当てられていないから転がりが悪くなる。

自分に合ったスタンス幅を見つける

自分に合ったスタンス幅を探す時は、徐々に幅を広げるなどして様々なスタンス幅を試してみる。その際はスタンスのライン、フェースの向きなどをすべてスクエアにセットすることが条件だ。そうすれば、パッティングの調子が悪くなった時でも、どこが狂っているのかをチェックしやすい。最初は距離感が合わなくても我慢して、とにかくスクエアを意識し続けること。スムーズに振れるスタンス幅を見つけ出そう。

お腹と背中にキュッと力を入れておく

きれいなストロークをしている人はきれいな姿勢をしている。ストローク中に体の姿勢が変わらない人、バランス良く振れている人は、ストロークのリズムも良く、結果として良い転がりの球が打てる。ポイントは背筋と腹筋に少しだけ力を入れておくこと。ぎゅっと力むのではなく力感を持たせておくイメージだ。体の芯に力が入っているとストロークしても体がブレることがないので、スムーズにヘッドが動く。

【関連記事】

最終更新:
FUNQ