Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

思春期、新たな世界ができつつある子供との接し方は?|小野千恵子さん、娘達と向き合ってきた15年(3)|STORY

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
magacol

子育て期間の中でも、子供が思春期を迎えた時は親としてどう接するか迷うときではないでしょうか。STORYモデル小野千恵子さんは、高校生と中学生の娘さんのママ。結婚当初から子育てについてお話を伺ってきて、最終の第3回は、そんな彼女がいま子育てについて心がけていること、お子さんたちのこれから、そしてご自身のこれからについて、です。

撮影/小川健太郎

小野千恵子さん

41歳。学生時代にJJモデルを経験後、サッカー選手の小野伸二さんと結婚。17年間の主婦生活を経て、2019年にSTORYモデルとして復帰。15歳と13歳の女の子ママ。

真っすぐな性格の長女。とはいえ、思春期を迎え変化もでてきました。

10年以上、長女のすべてだったフラですが、中学生になり学校生活も忙しくなってきて自然と視野が広がってきたこと、優勝をいただいてやりきった感もあり、目標をちょっぴり失っていたのもあったのでしょう。次女のミュージカルレッスンに参加したのがきっかけで「もっと歌の勉強がしてみたい」と言ってきました。このままずっとフラを極めていくだろうと思っていたので、想像していた道から急カーブしたなと。正直、「あんなに頑張ってきたのにもったいない」「精魂込めて指導してくださった先生に申し訳ない」という気持ちがよぎり、どうしよう……。と思いました。 フラの先生はよく、「踊りを見れば、日常生活から考えていることまで何でも透けて見えてますよ」とおっしゃっていました。長女はその言葉にとても納得していて、レッスン以外のときも、普段の生活もきちんとしよう。周りの人に常に感謝の気持ちを持とう。いつも全力で努力しよう。と心がけていたようです。私から見ても、純粋に頑張りたい!と思っている踊りと、迷いがある踊りでは明らかに違うなと思っていました。 でも、長女にはずっと「自分がやりたいならやればいいし、やりたくなければやめればいい」と言い続けてきたので、「今ちょっとお休みしたい」という娘の気持ちを止める権利はないのかな。と。自分の意志でもっと違うことにもチャレンジしていきたい」という長女の気持ちは、母として応援していかなくてはいけないと思い、熱心に指導してくださった先生に相談に行きました。

【関連記事】

最終更新:
magacol