Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<ゴジラ>淡路島に全長120メートルの実物大ゴジラ! 新アトラクション「ゴジラ迎撃作戦」10月オープン

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MANTANWEB

 特撮映画「ゴジラ」シリーズに登場するゴジラが、全長約120メートルの実物大で登場する新アトラクション「ゴジラ迎撃作戦 ~国立ゴジラ淡路島研究センター~」が、兵庫県立淡路島公園アニメパーク「ニジゲンノモリ」(兵庫県淡路市)に10月10日にオープンすることが分かった。「淡路島に上陸した世界最大の実物大ゴジラ」がテーマのアトラクションで、ゴジラの強大さと迫力を体感できるという。 【写真特集】淡路島にゴジラ襲来!! 恐ろしい…!! 迫力のアトラクション爆誕

 アトラクションでは、参加者が国立ゴジラ淡路島研究センターの一員となり、ゴジラ迎撃作戦に参加する。東宝が制作した映像を通じて作戦の説明を受け、専用のハーネスを着けてゴジラの体内に入る「体内突入コース」、巨大ゴジラの体表に接近して滑走する「体外監視コース」の2コースのいずれかを選択する。ゴジラに接近した後は、専用の銃でゴジラを倒す「対ゴジラ細胞シューティング」アトラクションにチャレンジする。

 アトラクションには、ゴジラミュージアムが併設される。東宝映像美術の協力のもと、映画撮影用のゴジラスーツとビル群などを使用したジオラマや怪獣フィギュア100体以上が展示。歴代ゴジラ作品で使用された東宝映像美術所蔵のプロップス(小道具)や怪獣たちの造形検討用原型など貴重な資料も展示される。ミュージアムのレストランでは、「荒ぶる怪獣王の怒り」をイメージしたゴジラカレーなど14種の“ゴジラフード”が提供される。

 チケット価格は、大人3800円、子供(5~11歳)2200円。

【関連記事】