Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

元いばらき大使に謝礼の返還請求 75万円、水戸の梅マーク問題

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
共同通信

 水戸市は24日、茨城県内の企業と金銭トラブルを起こしたなどとして同県委嘱の「いばらき大使」を解任された元フードアナリスト藤原浩氏に対し、市産品のブランド化事業への謝礼75万円の返還を求めたと発表した。藤原氏が、自身が提案した地元の梅ブランドのシンボルマークで他人のデザインを無断で使用したとして、市が対応を検討していた。  市によると、藤原氏は2016年度から市産の梅「ふくゆい」のブランド化に専門家として関わり、販売戦略などに助言してきた。このマークは16年度に提案し、市が採用していた。

【関連記事】