Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

シックなカレラ? 色っぽカレラ? あなたはどちら?~2本の『タグ・ホイヤー カレラ 160周年 リミテッドエディション』~

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
LEON.JP

1860年に創業したタグ・ホイヤーが今年160周年を迎えました。そのアニバーサリーを祝して、今年、2本の“カレラ”が登場したのです。それが、『タグ・ホイヤー カレラ 160周年 シルバーダイヤル リミテッドエディション』と『タグ・ホイヤー カレラ 160周年 モントリオール リミテッドエディション』です。 自腹で検証! タグ・ホイヤーの歴代コネクテッドウォッチを初代~最新モデルまで一挙出し!

LEON編集部の鈴木です。1860年に創業したタグ・ホイヤーが今年160周年を迎えました。そのアニバーサリーを祝して、今年、2本の“カレラ”が登場したのです。それが、『タグ・ホイヤー カレラ 160周年 シルバーダイヤル リミテッドエディション』と『タグ・ホイヤー カレラ 160周年 モントリオール リミテッドエディション』です。

今から約60年前、当時のCEOジャック・ホイヤーは、過酷なロードレース「カレラ・パナメリカーナ・メヒコ」レースから着想を得て、新しいタイムピースを『ホイヤー カレラ』と名付けました。また、当時のクロノグラフの潮流に反し、ジャック・ホイヤーはモダンでシンプルなデザインを好み、まさにシックで美しいクロノグラフ、『ホイヤー カレラ』を誕生させたのです。

そして、1964年作のシックで美しいシルバーダイヤルモデルとして有名な「2447S」を復刻させたのが、こちらの『タグ・ホイヤー カレラ 160周年 シルバーダイヤル リミテッドエディション』なのです。ダイヤルには「CARRERA」と「HEUER」のロゴがプリントされ、ドーム型のサファイアクリスタルがオリジナルを彷彿とさせます。

また最新の自社製ムーブメント「ホイヤー02」を搭載し、ケース径もオリジナルの36mmから39mmとなり、現代のクロノグラフとして、ベストなアップデイトをしたのです。やっぱりケース径39mmって、モテる時計の黄金比ですよね~。

そして、もう一本は艶やかな色を纏った、まさに色っぽい“カレラ”です。それは1972年に発売されたヘリテージピース『ホイヤー モントリオール』から着想を得て、マットホワイトダイヤルにブルーの3カウンター、レッドのクロノグラフ秒針、そして随所にイエローのスーパールミノバ(R)が施され、さらにブルーのアリゲーターストラップによって艶やかな仕上がりになっています。

【関連記事】