Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

工事中に仮囲いの鋼板が倒れ、自転車の母子が軽傷 川崎

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
カナロコ by 神奈川新聞

 川崎市は29日、同市中原区の市バス上平間営業所で、仮囲いの鋼板が倒れ、自転車で通り掛かった同市幸区に住む30代の女性と息子の幼稚園児が軽傷を負った、と発表した。  市によると、現場は改築工事を行っている営業所内の整備場。同日午前9時ごろ、作業員が鋼板を撤去していたところ、1枚(幅約50センチ、高さ3メートル、重さ18・6キロ)が倒れ、女性の自転車とぶつかった。女性と後部座席に乗っていた息子が転倒し、肘や膝を擦りむいた。

神奈川新聞社

【関連記事】