Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

トヨタC-HRが一部改良で安全性を向上! ブラック基調の特別仕様車も設定

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEB CARTOP

検知対象の拡大でトヨタセーフティセンスの機能を向上

 トヨタ自動車は、人気のコンパクトSUV「C-HR」を一部改良し、安全性を向上させた。同時に、特別仕様車「Mode-Nero Safety Plus」をGおよびG-Tに設定し発売した。メーカー希望小売価格はC-HRが238万2000円(S-T/6速MT/2WD)~314万5000円(S GR SPORT)、特別仕様車は271万5000円(G-Tベース/2WD)~304万5000円(Gベース)。 【写真】スタイリッシュなインテリアなどC-HRの画像ギャラリー  一部改良は、トヨタセーフティセンスの機能向上がメイン。夜間の歩行者や昼間の自転車運転者、交差点の右折時に直進してくる対向車および右左折時に対向方向から横断してくる歩行者も、検知する対象に加えている。  さらに、低速時などで必要以上に強くアクセルペダルが踏み込まれた際、エンジン出力を抑制したり弱いブレーキ制御によって急加速を防ぐ「低速時加速抑制機能」を追加(除く6速MT車)。そして、トヨタ車において国内初採用となる「緊急時操舵支援機能」も追加した。これは現在走行している車線内にいる歩行者との接触が避けられない状況で、自車線内に回避するためのスペースがあるとシステムが判断した場合、ドライバーの回避行動をサポートするようにハンドル操作を支援してくれるものだ。  このほかにも、レーダークルーズコントロール作動時に同一車線の中央を走行するよう操舵支援するレーントレーシングアシスト、カメラで認識した道路標識をメーター内に表示するロードサインアシスト、バックガイドモニターを全車に標準装備。さらに、前席快適温熱シート、電動ランバーサポート、ナノイーといった快適装備を、G/G-T/S GR SPORT/S-T GR SPORTに標準化した。そして、CVT仕様のS-T GR SPORTをラインアップに追加している。  特別仕様車「Mode-Nero Safety Plus」は、フロントロアスポイラーやアルミホイールをブラック塗装したことで、引き締まった印象に。ボディカラーは特別設定色となるダークブルーマイカを含む、モノトーン5色と2トーン3色を設定する。  インテリアは、シートやインパネ、ドアトリムオーナメントなどをブラック基調としたことで、スタイリッシュな雰囲気に仕立てられている。  安全装備は車両を真上から見下ろすように映像を映し出すパノラミックビューモニターや駐車場などでのアクセルペダル/ブレーキペダル踏み間違いなどによる事故軽減に効果的なインテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ・静止物)、後退時に後方左右から接近する車両を検知し、衝突の危険がある際にブレーキ制御を行うリヤクロストラフィックオートブレーキ(パーキングサポートブレーキ・後方接近車両)などを特別装備した。これだけの装備を標準化しながら、ベース車と同価格にしたことでお買い得な仕様となっている。

WEB CARTOP

【関連記事】