Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

競泳、山口観弘が現役続行の意向 平泳ぎ元世界記録保持者

配信

共同通信

 競泳男子200メートル平泳ぎの元世界記録保持者で、今秋の鹿児島国体を区切りに引退する方針だった25歳の山口観弘(志布志DC)が7日、来年に延期となった東京五輪を目指して現役を続ける意向を明らかにした。スポンサー候補と協議中で「まだ決定ではないが、泳げる環境があるなら続けたい」と語った。  鹿児島・志布志高3年だった2012年に2分7秒01の世界新記録を出し、13年世界選手権に出場したが、その後は低迷。16年リオデジャネイロ五輪を含め主要国際大会の日本代表から外れた。東洋大を経てイトマンSSに所属していたが、昨秋で契約が切れ、鹿児島に戻って練習している。

【関連記事】