Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

斉藤とも子「もう一度生き直したい」と離婚。震災直後に訪れたタイで、人生観が激変

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
テレ朝POST

1987年、清純派女優として人気を集めていた斉藤とも子さんは、喜劇俳優の芦屋小雁さんと結婚。28歳という年齢差もあり、世間を驚かせた。 神戸で暮らしはじめ、1987年に長女、92年には長男が誕生。幸せな結婚生活を送っていた斉藤さんだったが、1995年1月17日に阪神淡路大震災が発生。幸いなことにケガはなかったというが、その直後、斉藤さんはテレビ番組のロケでタイに出発することに…。

◆真っ暗闇のなか、這うようにして子どもたちのもとへ…

数々のドラマや映画に出演し、順風満帆な日々を歩んでいるように見えた斉藤さんだったが、実は自信をなくし、女優をやめることも考えていたという。 -ご結婚されてからお仕事はどのように?- 「家庭に専念していたので、ほとんど何もしていませんでした。ただ、長女の幼稚園の先生が、子どものことだけでなく、私たち家族の将来の心配までしてくださったんです。 『冷静に考えて、将来は、あなたが家族を支えるのよ。だから、仕事に復帰しなさい。子どもたちのことは私たちもみてあげるから』って。 それで、少しずつ関西の生放送番組のMCなどをはじめるようになりました。 それから数年後に、阪神淡路大震災が起きたんです。あのとき、早朝だったので私は寝ていて、最初は飛行機が近くに落ちたのかと思いました。ドーンという突き上げるような衝撃だったので。でも、そこからうわ~っと横に揺れ出して…」 -お子さんたちはいくつだったのですか?- 「3歳と7歳で、2段ベッドで寝ていました。揺れが激しくて、私は布団から起き上がれなくて、這いながら起こしに行ったんですけど、ベットが1メートルくらい床の上を横に動いていましたね。それなのに、子どもたちは寝ていて(笑)。 たまたま主人は京都に行って留守だったので、子どもたちを連れて、お向かいのお宅に逃げ込んだんです。そこのご夫婦が、いつも子どもたちを呼んで可愛がってくださっていたので。 高台にある鉄筋のおうちで、大きな一枚ガラスの窓から海のほうまで見渡せて、その窓から神戸の街が赤くなっていくのを見ました。 朝焼けと一緒に火の手が上がっていく情景は、鮮明に覚えています。生まれ育った神戸の変わりようにショックを受けました」 この地震によって神戸では、電気、ガス、水道などのライフラインが途絶え、必要な物資も手に入らなくなり、多くの人が不安でいっぱいの生活を強いられることになる。そんな折、斉藤さんはドキュメンタリー番組の仕事で、タイのスラム街で生活する人々や山岳民族を訪ねることに。

【関連記事】