Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

同じ“アローン会”でも…今田耕司にあって岡村隆史にはない「独身中年モテ男」の条件

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
日刊ゲンダイDIGITAL

「“アローン会”でいま一番モテるのは今田さんでしょうね」(制作会社スタッフ)  アローン会とは、その名の通り「独身」の吉本芸人のグループで、今田耕司(54)が会長、ナインティナイン岡村隆史(50)が部長、チュートリアル徳井義実(45)とピース又吉直樹(40)が会員とされる。 「独身同士でたまに一緒に飲み食いするという集まりで、坂田利夫さんが名誉会長、明石家さんまさんが最高顧問ということになっているそうです。これまでは、ようやくテレビのレギュラー復帰を果たした徳井さんがダントツのモテ男でしたが、“税務問題”でそれどころじゃなかったですからねえ」(前出の制作会社スタッフ)  確かに今年に入ってからの今田は「アローン」とは名ばかりで、女性セブンやフライデー、週刊文春など、週刊誌に立て続けに美女との“密会”を報じられている。  最近も「フラッシュ」(10月27日号)に〈自宅に“連れ込み中止”した「本命」美女〉などと、モデルの河内セリア(28)との“3万円寿司デート”を撮られていた。 「そもそも今田さんは若い頃から人気芸人で、モテ男なんですよ。本人の決断次第でいつでも結婚できるけど、理想が高すぎて、54歳までズルズルきただけでしょう。岡村さん? 確かに今田さんと同じように若い頃から売れっ子で、潔癖なところも似ていますが、モテ男とは……」(在京キー局関係者)

 今田と岡村、その差は何なのか? 「要するに周囲のイメージの問題だと思いますよ。今田さんは“陽キャ”、岡村さんは“陰キャ”と見られがち。業界内でも岡村さんの方が気難しくて軽口も叩けないし、話しかけづらいと思われているんじゃないですか。実際には今田さんだって人見知りの気分屋で、番組の打ち合わせでほぼ無言、こっちの話を聞いているのかなって思う時もあります。それでも本番ではビシッと決めるから、さすがだなとは思いますけど」(前出の在京キー局関係者)  世間的には今田の方が“陽気なキャラ”というイメージはある。一方の岡村は“蔑視発言”など、こじらせ感が強い印象は否めない。2人とも潔癖といわれるが、コロナ禍中ではむしろプラスに働くだろう。男女問題にも詳しいライターの日々晴雨氏がこう言う。 「20代の頃から大阪の街をスター然としてイキって歩いていた今田さんの方が、女性慣れしているようには見えますね。それにある程度、年を重ねてからの恋愛で女性が求めるのは、経済力は当然として、ルックスより性格や相性、一緒に生活を楽しんでいけるかどうかです。今田さんと岡村さんは共通点も多いようですが、岡村さんは、一緒にいても自分だけの世界に入り込んでしまう感じはする。今田さんは、聞いているフリぐらいはしてくれそう。そういうイメージで結構、左右されますよね」  2人で食事に出かけた時に、より気を使わなければなさそうなのは……今田より岡村か。

【関連記事】