Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

目標を下まわるまさかの「販売不振」にあえぐ現行国産SUV3台と「売れない」理由

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEB CARTOP

外観や積載性、割安な価格がそろうSUVは好調に売れている

 最近はSUVが人気だが、その理由は大きく分けて3つある。まずは外観のカッコ良さだ。SUVは悪路を走るクルマとして誕生したから、大径タイヤを装着して車高も高い。この存在感が人気を集めた。 【写真】レーサーも納得の走りを持つSUV5台!  2つ目は広い室内と優れた積載性だ。ボディの上側はワゴンスタイルだから実用性も高い。  3つ目は割安な価格。今のSUVは乗用車とプラットフォームを共通化するため、外観がカッコ良く、実用性も高い割に価格を抑えている。  この3つの要素がそろえば好調に売れるし、欠落した部分があると売れ行きを伸ばせない。

1)ホンダCR-V

 人気が低迷するSUVの代表はホンダCR-Vだ。CR-Vは一時的に販売を中断していたが、SUVの好調な売れ行きに対応すべく、2018年8月に現行型で復活した。この時点で1カ月の販売目標を1200台に設定したが、2019年の1カ月平均は1087台だ。発売の翌年には早くも目標台数を下まわった。2020年1~7月は477台にとどまる。コロナ禍の影響も受けたが、ライバル車のトヨタRAV4は同じ時期に4597台を登録したから、CR-Vは10%程度になる。  CR-Vにとって一番の敗因は、先に挙げた3項目のうち、機能や質感の割に価格が高いことだ。各種の安全装備からカーナビまで標準装着するが、1.5リッターターボを搭載する価格のもっとも安いEXでも336万1600円だ。トヨタ・ハリアーやマツダCX-8などと同等になる。  その割に内外装の質は低い。たとえばインパネのステッチ(縫い目)は、コンパクトSUVのホンダ・ヴェゼルが本物の糸を使うのにCR-Vは模造だ。木目調パネルの質感も含めて、300万円を超えるSUVとしては不満が散見され、売れ行きも下がった。

2)マツダCX-3

 CX-3はコンパクトサイズのSUVで、2015年2月に発売された。当時は2013年に登場したホンダ・ヴェゼルが好調に売れており、CX-3は1カ月の販売目標を3000台に設定した。  ところが発売の翌年になる2016年には、1カ月平均登録台数が1656台に留まり、早くも目標台数の約半分と低迷した。原因は先に挙げたSUV3要素のうち、居住性や積載性といった実用性が低く、価格も割高だったからだ。  ボディサイズはヴェゼルと同程度だが、後席と荷室は圧倒的に狭い。身長170cmの大人4名が乗車した場合、ヴェゼルの後席に座る乗員の膝先には握りコブシが2つ半収まるが、CX-3は1つ分しか入らない。  加えてCX-3は価格が高い。発売時点では1.5リッタークリーンディーゼルターボのみを搭載して、2WD・XDプロアクティブが259万2000円だった。値引きの違いも含めると、25万円程度を上乗せすれば、CX-5の同グレードを購入できた。CX-3はコンパクトSUVとして走りなどは良かったが、明らかに割高で不人気車になった。この後、割安な価格で2リッターガソリンエンジン車を加え、さらに安価な1.5リッターガソリンも用意したが、2020年1~7月の1カ月平均登録台数は470台に留まる。発売時点で売れ行きが伸び悩むと、後になって人気を改善するのは非常に難しい。

【関連記事】