Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「CD-R」の技術で水害を防ぐ!?日の丸技術の需要低迷からの華麗なる転身

配信

FNNプライムオンライン

「CD-R」の技術を水害対策に転用

かつて日本が開発し、世界を席巻したデータ記録「CD-R」の技術。 それが今、形を変え、生かされようとしている。 【画像】CD-Rの技術を転用し水位計に… いったい何に生かされるかというと。 太陽誘電で水位計を開発した砂川隆一さん: 水害を抑えるためには、水位センサーとか雨量センサーなどがある。そういったものをわれわれが安く提供できれば。 群馬県に拠点を構える電子部品メーカーの「太陽誘電」。 そこには開発に4年を費やした最新機器があった。 開発担当者・砂川隆一さん: これが我々が開発した第1号機の試作品です。 およそ10cm四方の箱に、データ送信のアンテナが2本。 これは河川などの水面の高さを測る水位計。 本体から電波を発射し、跳ね返ってきた時間で水面の高さを算出する仕組みだ。 電波を天井に向けると、その距離をおよそ1.5メートルと計測。 また、人に向けると40cmほどと正しく計測した。 この水位計のポイントは、そのサイズ。 開発担当者・砂川隆一さん: 右の水位計が我が社のもの。左が他社さんのもの。見ていただければ大きさが全然違うことがわかります。

小型化に成功し開発コストも10分の1に

電波は、波がある水面に当たると一部が乱反射してノイズとなり、水面の高さの計測を邪魔する。 データを処理し、正確に水面までを計るため、これまでの水位計は大きく重いものだった。 しかし、今回開発された水位計は、正確に計測しながらも、この小ささ。 コストも従来品の10分の1になったという。 それを可能にしたのが、過去に太陽誘電が製品化し大ヒット商品になった、記録メディア「CD-R」の技術だった。 CD-Rも、レーザーでデータを処理する際にノイズが起きるが、太陽誘電の技術はそれを除去してデータの記録と再生を可能にした。 音楽などさまざまなデータを扱えることから、世界中で使われ、その売り上げも300億円以上と会社にとってCD-Rは大きな存在だった。 ところが、その後、安い海外製品や次世代記録メディアの登場によって、需要が低迷し5年前に事業から撤退。 しかし、培った技術の転用を模索し、近年、豪雨などで頻発する水害対策に出会った。

【関連記事】