Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【フジテレビ系ドラマ「アンサング・シンデレラ」明日はどうなる】みどりは中華料理店の娘の顔色を察知、摂食障害で意識失う

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
中日スポーツ

〈8月6日(木)午後10時放送〉

 病院薬剤師の葵みどり(石原さとみ)と小野塚綾(成田凌)が中華料理屋で食事をしていると、息を切らせて樹里(久保田紗友)が入ってきた。父であり、店主の秀三(迫田孝也)が「おかえり」と言っても、無視して奥へ。  顔色が悪い樹里をみどりは心配するも、秀三は「年ごろの娘ってのは困っちゃうよね」とあっけらかんとしている。  しかし後日、樹里は意識を失い、萬津総合病院に搬送される。樹里は摂食障害に悩まされていたのだ。摂食障害は周囲の環境によっても引き起こされるため、みどりが環境に変化がなかったか訪ねたところ、樹里の祖父が末期胃がんで入院していると伝えられる。  一方、薬剤部のムードメーカー・羽倉龍之介(井之脇海)の父・羽倉龍一(菅原大吉)がむち打ちで入院した。付き添う龍之介の母・羽倉志帆(宮田早苗)は息子との久しぶりの再会に喜ぶが、龍之介はどこか浮かない表情。志帆は龍之介に入院すると事前に伝えていなかった。  「こうでもしないと会ってくれないでしょ」と言う志帆に龍之介は「余計なことするなって」と声を荒らげる。 〈概要〉  「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」は病院薬剤師を主人公にした漫画原作の医療ドラマ。萬津総合病院の薬剤師を演じる石原さとみは患者、薬と正面から向き合う役どころ。アンサング・ヒーローは縁の下の力持ち、賞賛されない英雄を意味する。テーマ曲はDREAMS COME TRUEの「YES AND NO」。木曜午後10時から。

【関連記事】