Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

モーリス産駒がようやく本領発揮!? インフィナイトに★7つ【2歳馬チェック】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
優馬

余力十分の2馬身半差 素質光るインフィナイト

8/9(日) 新潟6R 2歳新馬 芝1600m外 インフィナイト 牝 馬体重:490kg ★★★★★★★ 7点 騎手:北村友 厩舎:(栗) 音無 生産:ノーザンファーム 馬主:サンデーレーシング 父モーリス 母モルガナイト(アグネスデジタル) 【写真】日曜新潟5Rの新馬戦はディープ産駒ランドオブリバティがV 好スタートからハナをうかがう勢いだったが、内の馬を行かせて自身は2番手から。直線でも仕掛けを待つ余裕があり、2着馬が並びかけてからゴーサイン。一瞬でこれを突き放して勝負を決めると、最後は流すくらいに余力十分で2馬身半差の快勝。なかなか勝ち星が伸びなかったモーリス産駒だが、今週は6戦3勝の固め打ち。晩成の血が目覚め始めてきたか。 ■馬体診断 490キロと牝馬ながら恵まれた馬体。まだ緩さがあるものの、丸みがあってガッシリとしたシルエットは馬体のボリュームとともに、この兄姉と共通するものと言える。腹回りを中心とした緩さは父系に由来する部分も大きい。前後の幅があって歩幅も広く、距離は延びても良さそう。成長の余地も十分で、古馬になってからが楽しみ。 ■血統診断 母モルガナイトは芝1800m~2000mで4勝、半兄ブラックスピネルは東京新聞杯の勝ち馬。そのブラックスピネルとは父系を辿ると同じロベルトからなる血統でもある。父モーリスは1600m、2000mの両カテゴリーのチャンピオンホースで今年が産駒デビュー初年度。全体的に晩成傾向が強く、早い時期は素質で何とかなるかもしれないが、良くなるのは3歳秋以降かも。 将来性まとめ→1600m~2000mを中心に距離適性は広め。現状はユッタリ運べる条件向きだが、成長力ある血統で、順調なら3歳秋以降が本格化のタイミングか。

【関連記事】

最終更新:
優馬