Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

キャンプツーリングに最適なバイク4選

配信

MonoMax Web

近年、世間一般の人たちだけでなく、ライダーたちの間でも人気の高いキャンプ。週末、キャンプ道具を積んで走るライダーの姿を見かけることも少なくありません。どんなバイクであってもキャンプに行くことはできますが、そんななかでもキャンプに適したモデルのほうが、より一層キャンプツーリングを快適かつ楽しいものにしてくれます。そこで今回は、普通二輪免許で乗ることができ、扱いやすく、キャンプツーリング向きのモデル4台を選んでみました。

人気沸騰の旅するコンパクトバイク

ホンダ伝統のスーパーカブシリーズの流れを汲み、普段使いの気軽さに加え、郊外へのツーリングやキャンプといった様々なアウトドアレジャー使いにも最適なモデルが「CT125・ハンターカブ」です。幅広い走行状況を想定したボディ設計にフロントサスペンション、アップマフラー、アンダーガードなど装備も充実しています。カラーリングはアクティブな印象を高めるレッドとタフな印象を与えるミリタリーテイストのブラウンをラインナップ。発売と同時に注文が殺到し、注目度はナンバー1。バイク好きかつアウトドア好きであれば、ぜひ愛車候補に入れてほしい一台です。

ホンダ CT125・ハンターカブ 【スペック】 ●全長×全幅×全高(mm):1960×805×1085 ●シート高(mm):800 ●総排気量(cc):124 ●エンジン:空冷4ストロークOHC単気筒 ●最高出力(PS/rpm):8.8/7000 ●最大トルク(kgf・m/rpm):1.1/4500 ●燃料タンク容量(L):5.3 ●車重(kg):120 ●燃料消費率(WMTCモード値):67.2km/L(クラス1)1名乗車時 ●カラー:グローイングレッド、マットフレスコブラウン

快適な旅を味わえるアドベンチャーバイク

街中から高速ライド、そして長距離ツーリングと幅広く快適に楽しむことができるスズキのスポーツアドベンチャーツアラーV-Stromシリーズのエントリーモデル「Vストローム250ABS」。アウトドアギアをイメージしたタフで力強さを感じさせるヘッドライトと鳥のクチバシのようなフェンダーに快適なアップライトのライディングポジション、そして足つき&取り回し性をアップさせる低いシート高や専用のセッティングが施されたサスペンションもポイントです。容量17Lの燃料タンクはロングライドの際も安心。キャンプツーリングはもちろん、旅もしたくなる一台となっています。

【関連記事】