Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

美筋女王が“ヘビロテ”する最強コンビニ食3選

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
東洋経済オンライン

オーストラリア・ニュージーランド銀行、シニアリレーションシップマネジャー。社内トップクラスの営業成績を誇るエリート銀行員でありながら、オールジャパン・ビキニフィットネス選手権大会では「5年連続チャンピオン」、IFBBビキニフィットネスでは「日本人最高の世界4位」を獲得するなど、「競技と仕事の二刀流」にこだわり続ける安井友梨氏。 SNS総フォロワー数は20万人を超え、『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ)、『みんなで筋肉体操』『ガッテン!』(NHK)、『マツコの知らない世界』(TBS)など、メディア出演も多く、「食べまくりダイエット」と「効率的な筋トレ」で注目を集めている。 この記事の写真を見る

先日、その「安井式メソッド」を全公開した『筋肉をつけて24時間代謝を上げる!  働きながらやせたい人のための「食べまくりダイエット」&「超時短ゆるガチ筋トレ」――自宅でできる簡単メソッド』を上梓した安井氏が、自身も仕事の合間などによく利用するという、ダイエットや筋肉に効く便利な「コンビニ食材」を紹介する。 ■ 手軽に「コロナ太り」対策! 「コンビニ食材活用法」  忙しいときの強い味方、コンビニ。私も仕事の合間などによく利用します。

 コンビニのメリットは、「小腹が空いたな」「今日はタンパク質が不足しているな」と感じたら、すかさず栄養補給できるところ。とくにタンパク質を切らさない食事を心がけているアスリートには、利用している人も多いと思います。  先月発売の拙著でも書いていますが、私も普段からコンビニで手に入る食材を活用しています。もちろん、バランスのいい食事をきちんと作って食べるのがいちばんですが、時間のない人、料理が苦手な人は、どうしても炭水化物中心の食事になりがちです。足りない栄養をコンビニフードで補うのは、もはや常識といってもいいかもしれません。

 今回は、テレワークなどで筋力が低下している人、「慢性コロナ太り」が気になる人にもおすすめの、筋肉が喜ぶ「コンビニ食3選」を紹介します。  1つ目は、コンビニの「ゆで卵」です。 ■手軽で満足度が高いコンビニの「ゆで卵」  「卵」というと、「意外と普通」「コレステロールが高そう」と思う人もいるかもしれません。  でも、卵は「完全栄養食品」と言われるほど、素晴らしくバランスのいいタンパク源。1個で約6グラムのタンパク質がとれるうえ、アミノ酸やビタミン類、ミネラル類がバランスよく含まれています。ほかには、ビタミンA、ビタミンB2、ビタミンD、カルシウム、鉄、リン、葉酸などの栄養素が含まれています。さらに、ゆで卵1個あたりに含まれる糖質の量は、0.2gほどと、非常に低糖質です。

【関連記事】