Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【プレイバック】エース西川潤が目を覚ました桐光学園が8強入り

配信

高校サッカードットコム

間も無く令和2年度シーズンが開幕。東京五輪世代が高校時代活躍を魅せた過去の熱戦をプレイバック。 【フォトギャラリー】桐光学園 vs 明秀学園日立 【2018.08.09 平成30年度全国高校サッカーインターハイ(総体) 3回戦 桐光学園 vs 明秀学園日立】  平成30年度全国サッカーインターハイは8月9日に3回戦を実施。三重交通Gスポーツの杜 鈴鹿で行われた桐光学園と明秀学園日立の一戦は、DF内田拓寿の先制点を皮切りに3点を奪った桐光学園が勝利した。  結果だけ見れば快勝だが、桐光学園の鈴木勝大監督が「個々の身体能力が高くて、非常に素晴らしいチーム」と相手を評したように楽な試合展開ではなかった。序盤は桐光学園が勢いよく相手を攻め込み、前半12分には右サイドでFKを獲得。MF国谷敦史が中央に入れたボールをDF望月駿介が頭で合わせると後ろに下がった相手DFのクリアミスを誘発した。ゴール前にこぼれたボールにいち早く反応したのは内田。落下点に素早く入ると、左足ボレーで叩き込み、桐光学園が先制した。 以降も鈴木勝大監督が「うちの生命線」と評するDF金子開研とMF佐々木ムライヨセフによる左サイドからチャンスを伺ったが、DF高嶋修也を中心に冷静な対応を見せた明秀日立の守りに苦しみ、決定機まで持ち込めない。「暑さでどうしても集中力を切らしてしまう」(鈴木監督)という課題も露呈し、28分にはFW津村夢人の強引なターンを起点とした攻撃で、ヒヤリとした場面を与えたが、相手のシュートミスに助けられ、1点リードで前半を終えた。  エンドが変わった後半は、DF高橋隼人と大山航の両ウイングバックが積極的に攻め上がった明秀学園日立のペースで試合が進む。後半13分には津村、MF川上璃久と中央を繋ぎ左に展開。大山がドリブルでPA左を仕掛けて中に入れたクロスが直接ゴールに吸い込まれ、試合は振り出しに戻った。 「失点の所は事故に見えるけど、昨日も同じ時間帯に失点しているので修正しないといけない」。鈴木監督が苦言を呈した一撃で試合の流れは明秀日立に傾いたかのように思われたが、苦しい流れを断ち切ったのは2年生ながら10番を背負うU-16日本代表のMF西川潤だ。「昨日、一昨日は寝ていた」と鈴木監督にイジられるパフォーマンスに終わっていたが、この日は前半から力強い突破で攻撃を牽引。特に彼の持ち味が出たのは26分に左サイドを力強く突破した場面だ。一度は相手DFに阻まれたが、「GKコーチから獲り返せと言われたので、やんなきゃと思った」と素早くボールを奪い返すと、切り返しでマークをかわして、ゴール前にパスを配球。反対サイドからゴール前に飛び込んだMF田中彰真が冷静に合わせて、再リードを奪った。 「苦しい時に彼が仕事をしてくれたのはチームとして大きい」と鈴木監督が話したようにこの一点で流れを引き戻した桐光学園はアディショナルタイムにも国谷のFKをFW敷野智大が決めて勝負あり。苦しい流れでも勝ち切ったこと、エースが目を覚ましたことはベスト8以降の勝ち上がりに弾みがつきそうだ。

【関連記事】