Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

浦和が電光石火の3発で宿敵を粉砕! 宮本ガンバは井手口のスーパーゴールも実らず今季最多失点

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
SOCCER DIGEST Web

組織的なハイプレスでG大阪の焦りとミスを誘う

[J1リーグ第11節]G大阪 1-3 浦和/8月19日/パナスタ  キックオフ直後からともに、アグレッシブな姿勢を前面に押し出した。 【PHOTO】連勝でV字回復の浦和レッズ! その歴史を「歴代集合写真」で振り返る!  まずは開始4分、浦和レッズが武藤のチェンスメイクから長澤が決定機を迎える。ガンバ大阪が昌子の執念のシュートブロックでこれを阻止すると、その後は一気にペースアップして猛攻を展開。7分に井手口が至近距離ヘッドを狙い、11分に宇佐美のショットがバーを叩き、さらにその3分後にも宇佐美が見事なコントロールショットを放った。しかしながら浦和の守護神・西川のファインセーブに遭い、先制点を奪うには至らない。  するとここから、浦和が組織的なプレスをツボにはめ、ゲームの主導権を掌握する。敵のミスを誘っては手数を掛けない攻撃を構築し、徐々にG大阪陣内へと攻め寄せる。  均衡が破れたのは24分だ。橋岡の鋭いクサビを受けた関根がバイタルエリアに侵入し、右のレオナルドへパス。ブラジル人FWはマーカーを巧みな切り返しで交わし、マイナスのパスを走り込んだ関根へ返す。右足ダイレクトではたいたショットが小野瀬にかすかに当たってゴールに吸い込まれた。  得点の直後からG大阪の反攻に晒された浦和だったが、したたかに追加点を奪ってみせる。34分、武藤の浮き球のパスが藤春のハンドを誘発してPKを獲得。レオナルドがこれを冷静に決めて5戦連続弾とし、あっさりリードを広げた。    先週水曜のルヴァンカップ(湘南ベルマーレ戦)をU-23主体で戦い、土曜日のJ1・サガン鳥栖戦が中止と、G大阪の主軸は中3日で臨んだ浦和に比べて休養は十分のはず。宮本監督は後半頭から小野と渡邉に代えてアデミウソンと遠藤を投入し、攻撃的な4-4-2システムに変更する。浦和に対してミラーゲームを仕掛けた。  にわかに反撃ムードが高まったG大阪だが、またしても痛恨のミスが出てしまう。57分、自陣でのパスミスを長澤にカットされて素早い前線へのフィードを許すと、三浦との駆け引きを制した武藤に豪快ショットを蹴り込まれたのだ。  ここまでは終われないG大阪は60分、左CKから井手口がスーパーボレーを突き刺してようやく1点を返すが、あとが続かない。攻守両面でのドタバタは終始収まらず、浦和の術中からなかなか抜け出せなかった。70分までに5枚のカードをすべて切って最後は怒涛のパワープレーを繰り出したが……。西川、トーマス・デン、槙野らがそびえ立つ浦和の牙城は崩せなかった。  試合は浦和の3-1でタイムアップ。前節のサンフレッチェ広島戦で息を吹き返した浦和が、宿敵・G大阪を敵地で粉砕し、鮮やかな連勝を飾った。  構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【関連記事】