Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「仕事の書類と一緒に」「メールじゃ伝わらないから」「下駄箱の靴の中に」世代別ラブレター経験談

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
サライ.jp

S N S全盛の時代になって、恋愛の告白方法も随分と変わっているのだろうと推測できますが、その行為が「秘め事」であるだけに実際のところはわかりませんよね。 年頃の子供を持つ親ともなれば、我が子の恋愛行動はとかく気に掛かるものです。さりとて踏み込むことのできない領域でもあったりします。そんな秘めたる恋愛告白について、株式会社ネクストレベルが運営する『縁結び大学』が、7月23日の「ふみの日」にちなみ、ラブレターを含む愛の告白方法について世代別にアンケートを実施しています。 調査対象を35~44歳の【アラフォー世代】、25~34歳の【アラサー世代】、18~25歳までの20歳前後(通称【Z世代】)の3つの世代に分け、ラブレターに関する経験について比較しています。気がかりな、我が子の恋愛行動を知る手掛かりになるかもしれませんよ。

■アラフォー世代(40歳前後)は、ラブレター経験値が高い!

まず、最初に35~44歳のアラフォー世代について調査した結果を紹介します。アラフォー世代でラブレターをもらったことがある人は、43.6%でした。書いたことがあるのは、23.9%です。他の世代と比較すると、もらった経験も書いた経験も高くなっています。 *アラフォー世代は、社会人になってからもラブレターを活用 アラフォー世代が、ラブレターをもらったのは「中学生」が38.1%と1位でした。「大学生」「社会人になってから」と答えた人も多くなっています。書いたことがあるのも「社会人になってから」が25.0%でした。 【アラフォー世代ラブレター経験談】 「隣の部署の同期の方に仕事の書類と一緒に頂きました」(北海道/37歳女性) 「病院の受付で仕事をしていたときに、通院している患者さんからです」(島根県/35歳女性) 「中学卒業してすぐ、自宅に同じクラスの男の子から手紙が届きました。ポケベルで返事して欲しいと言われました。もうひとつは同じ高校の別のクラスの男友達から、直接『家で読んで』と渡されました」(埼玉県/37歳女性) 「趣味の映画サークルで仲良くなった2つ年下の女性とデートすることになって、前日にラブレターを書きました。当日、ディズニーシーへ行き、夜のパレードが終わり屋根のあるベンチで雨宿りしている時に、渡しました」(福岡県/37歳男性) *アラフォー世代のラブレター成功率は、25%前後と低め アラフォー世代で、ラブレターをくれた相手と交際に発展した人は29.2%でした。ラブレターを渡した人が相手と交際できたのは23.7%です。他の世代に比べてラブレターの活用率が高いわりには、成功率が約25%と低い結果になりました。

【関連記事】