Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【これぞカーン流】新型ランドローバー・ディフェンダー110 黒/銀でカスタム

配信

AUTOCAR JAPAN

チェルシー・トラック・カンパニーのディフェンダー110

text:Felix Page(フェリックス・ペイジ) あのアフザル・カーンが、新型ディフェンダーをカスタムしたモデルを発表した。 【写真】ランドローバー・ディフェンダー110チェルシー・トラック・カンパニー・ファーストエディション、ディフェンダー110【比べる】 (29枚) 彼が立ち上げた英国チェルシー・トラック・カンパニーと、チューナーのプロジェクト・カーンが改造を手掛けた最新作である。 その名も、ディフェンダー110チェルシー・トラック・カンパニー・ファーストエディション。 改造なしのディフェンダー・ファーストエディションより、約1万ポンド(137万円)高い、6万9999ポンド(956万円)で販売される。 「若いランドローバーファン」にアピールすることを目的とした、オーダーメイドのスタイリングが特徴。 サントリーニ・ブラックのペイントが標準装備され、22インチRS鍛造アロイホイールを装着。ウインドウにはスモークが貼られ、凄みを増している。 また、フロントグリル、サンプガード、リアバンパー、ドアのロアガードなどは、カーボンファイバー製となっている。 他にも、ブラック・パックというトリムを標準装備し、カーンによるインテリア・アップグレードを適用。車両は7座仕様であるが、すべてのシートにシルバーステッチを施したブラックのキルティングレザーが採用されている。

カーン流スタイリング

ファーストエディションは、ベースとなる2020年版ディフェンダー110 240D SEに約1万7000ポンド(232万円)のプレミアムが付く。 パワートレインに変更はなく、2.0L 4気筒ターボディーゼルは240psと43.7kg-mを出力し、8速オートマティックギアボックスを介して四輪すべてに動力を送る。 その車両重量は約2.25トン。 すべての車両に、パノラミック・サンルーフ、3ゾーン・クライメートコントロール、メリディアン・サウンドシステム、360°カメラ、ヒーター付きフロントガラス、ヒーター付きメモリーシートが標準装備される。 オプション設定となる「トリプル・ブラック」パッケージでは、さらにブラックホイールと黒いトリムによってダークなテーマを強調する。 新型ディフェンダーの「カーン流スタイリングパッケージ」は、まもなく発表される予定となっており、現在、プロジェクト・カーンのウェブサイトを通じてオーダーを受付けている。

AUTOCAR JAPAN

【関連記事】