Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

公共交通の利便性向上検討会議

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
テレ玉

大野知事の公約の1つで県境を走る都内の鉄道の県内までの延伸を目指す「あと数マイルプロジェクト」推進に向けた検討会議が15日開かれ、有識者らによる意見が交わされました。 検討会議のメンバーは、埼玉大学大学院の久保田尚教授をはじめ、大学教授などの有識者と県幹部の合わせて5人です。 延伸を検討する路線は埼玉高速鉄道線や大江戸線・日暮里・舎人ライナーなど5つです。 15日は、ピーク時の輸送力や混雑率それに、これまでに延伸が検討されたときの想定事業費など具体的なデータが示されました。 5つの路線については費用便益比=ビーバイシーだけでなく、子どもの通学のしやすさなどそれぞれの路線がもつ可能性について評価するための基準を作るべきといった意見があがりました。 この会議は、あと2回、開かれ、年度末に意見を取りまとめ、県の施策に反映する方針です。

テレ玉

【関連記事】