Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

名前を聞いても姿が浮かばない! クルマ好きの記憶からも消え気味の国産旧車3選【前編】

配信

Auto Messe Web

シビックでもアコードでもないハッチバック

 1970年代後半、ホンダの乗用車は「シビック」と「初代アコード」、そしてスペシャリティカーの元祖「プレリュード」が販売されていた。そのシビックとアコードの間を埋める車種として1980年に登場したのが「クイント」である。  シビックに似た外観だが、外装部品は一切共通化していない。クイントは当時の国産車では珍しく5ドアハッチバックを採用しており、ホンダ初の分割可倒式リアシートによって高い実用性を得ていた。しかし、シビックでもアコードでもない「どっちつかず」の印象がぬぐいきれなかったのか、クイントの販売は芳しくなかった。  1978年にオープンした販売店網、「ベルノ店」専売車種で用意された側面もあったクイント。エンジンはアコードと共通の1.6リッター CVCCのみ。デビュー直後から台数が伸びず、登場翌年の1981年にはマイナーチェンジして後期型に。2代目アコード似のマスクになった。  クイントは1985年にフルモデルチェンジを行なったが、その際に同社のバイクに与えられていた名前「インテグラ」を追加。コンセプトを一新し、実用ハッチバックからスポーティなキャラクターに変身した。デザインもシンプルで、2代目プレリュードのような低いボンネットやリトラクタブルヘッドライトも斬新な印象を与えた。  それでいて居住性や積載性の高さもキープしていた。このイメージチェンジは大成功し、1989年のフルモデルチェンジでは「クイント」の名前が外れて「インテグラ」として独立。さらに2度のフルモデルチェンジを行いつつ、2007年まで販売された人気車種となった。  見るからにスポーティな雰囲気を匂わせるクイント・インテグラ。1985年の発売当初は3ドアハッチバックのみ先行して登場。9ヶ月遅れて5ドア、翌1986年には4ドアセダンを追加している。

洗練された都会派スペシャリティカーのエチュード

 1987年に登場したマツダ・エチュードも、知る人ぞ知る国産車のひとつだ。5代目ファミリア・BF型をベースにしたスペシャリティカーで、ターゲットはズバリ「クルマもファッションだと感じる時代を先取りする若い世代」。キャッチコピーも「アーバン・チューンド」として、「都会派」をアピールした。  クリーンなデザインが特徴のエチュードは、インテリアも、ダッシュボードの造形こそファミリアと同じながらも、素材を変更して上質感を演出。派手な高級ではない、シックなイメージでまとめられていた。装備面でも充実しており、全車パワステ・パワーウインドウが標準だった。今思うとエチュードは「プレミアム・コンパクト」を先取りしていたのだ。  上質な内装にファッショナブルな外観を持って生まれた、エチュード。クリス・レア「On The Beach」が流れるCMが印象深い。エンジンは当初1.6リッターDOHCのみで、1988年に1.5リッターOHCを追加している。国内では1世代限りの名前だが、南アフリカでは、ファミリアが一時期エチュードの名を引き継いでいた(!)。  しかしこのエチュード。コンセプトが難解だったのか、スタイリッシュさが足りなかったのか、マツダの思惑通りには売れなかった。廉価版の追加や明るいボディカラーを用意するなどテコ入れを行なったものの好転せず、1989年には早くも生産を終了。生産台数は約1万台と言われており、当時から希少車扱いだった。なお、直接的な後継モデルは「ファミリア・アスティナ」である。  なおエチュードの生産終了から15年後に登場した「ベリーサ」は、デミオベースの小さな高級車というコンセプトが市場に受け入れられ、11年間にわたり販売されたプチヒット作となった。ベース車も車格も異なるが、ベリーサに「エチュード再来」という想いを寄せた人も少なからずいたのではないかと思う。

 ということで、クルマファンでも知らない!? 消えた国産車6選のうち、前半3車種をお送りした。後半でも、クルマファンでも知らない・忘れてしまっているようなクルマが続出する予定だ。どうぞお楽しみに。

遠藤イヅル

【関連記事】