Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

DeNA・国吉、対阪神2連敗…ボーアに決勝打許す

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリースポーツ

 「阪神5-3DeNA」(21日、甲子園球場)  同点の八回から3番手で登板したDeNA・国吉がボーアに決勝の中前適時打を浴び、自身の阪神戦は2連敗となった。 【写真】国吉痛恨 ボーアに勝ち越し打喫す  3-3で迎えた八回、先頭の大山に左前打。ボーアのところで自身の直球が抜けたことでパスボールを誘発してしまい、無死二塁から右前適時打で勝ち越しを許した。その後、木浪に犠飛を運ばれ、この回2失点となった。  ここまでロングリリーフやビハインドなどどんな場面でも投げる貴重な働きをしてきた右腕だったが、応援を力にした阪神打線に飲み込まれた。  ラミレス監督は「甲子園で先頭打者が出れば、雰囲気的に逆転の空気になる。彼がベストを尽くした結果なので仕方ない」と力なく振り返った。国吉は10日・阪神戦(横浜)でもサンズに決勝2ランを被弾しており、痛恨の2連敗となった。

【関連記事】