Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

仮想劇場「THEATRE E9 Air」オープニングプログラムの第1弾が決定

配信

ステージナタリー

仮想劇場「THEATRE E9 Air」のプログラムが決定した。 「THEATRE E9 Air」は、新型コロナウイルスの影響で公演中止・延期が続いていることを受け、京都・THEATRE E9 KYOTOが立ち上げたプラットフォーム。5月に、関西を活動拠点とする個人またはグループを対象に、動画配信や観客参加型の取り組みを想定した作品を募集し、このたびオープニングプログラムの第1弾が決定した。 6月20・21日に上演されるのは、笑の内閣 オンライン演劇「信長のリモート・武将通信録」。“もし戦国時代にZoomがあったら?”という切り口で、シナリオ1「本能寺のzoom」、シナリオ2「麒麟がこぬ」の2つのオンライン劇を立ち上げる。 名前しかない存在を、観客の想像によって形作っていくのは、mimacul「anima[岩波真]」。6月2日から24日までの“受肉期間”では、岩波真という名前から想像される人物像と行動を観客が専用フォームに書き込み、8月3日から9日までの“映像配信期間”には、その“岩波真の体”を、俳優の身体にインストール(入魂)する。 7月18・19日は、発達障害をテーマにしたMTCprojectの代表作「私」の女性バージョン「一人芝居『わたし』」がオンラインで公開される。主演を、SPACの所属俳優・関根淳子が務める。 そのほか、N2「Tab.10 街の死:necropolises.」、共通舞台「ロミオへの手紙」、劇団なかゆび「セーフワード」、HIxTO(ヒクト)「Connection theater -仮想劇場と繋がるプロジェクト-」がラインナップされた。 なお笑の内閣、mimaculのチケットは発売中、MTCprojectのチケットは6月8日に発売。そのほかの公演については続報を待とう。 ※N2の「2」は下付きの小文字が正式表記。 ※初出時、団体名に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。 ■ THEATRE E9 Air プログラム □ 笑の内閣 オンライン演劇「信長のリモート・武将通信録」配信 2020年6月20日(土)・21日(日) 出演:(以下シナリオ1・2に出演)淺越岳人、岡本昇也、神田真直、三遊亭はらしょう、杉田一起、谷屋俊輔、寺地ユイ、中路輝、髭だるマン、福地教光、山下ダニエル弘之 / (以下シナリオ1のみ出演)和泉聡一郎、伊藤今人、大町浩之、河合厚志、熊谷みずほ、近藤珠理、高瀬川すてら、田宮ヨシノリ、土肥嬌也、松田裕一郎、三鬼春奈、横山清正、ラサール石井 / (以下シナリオ2のみ出演)アパ太郎、阿部潤、伊藤えん魔、ガトータケヒロ、黒川猛、椎木樹人、じゅういち、篠原涼、杉森功明、高間響、土肥希理子、月亭太遊、長岡天神サンダーライガー、HIROFUMI、前田友里子、由良真介、若旦那家康 ほか □ mimacul「anima[岩波真]」配信 2020年6月2日(火)~24日(水)受肉期間 2020年8月3日(月)~9日(日)映像配信期間 構成・撮影:編集:増田美佳 □ MTCproject「一人芝居『わたし』」配信 2020年7月18日(土)・19日(日) 原作・演出:増田雄 脚本・出演:関根淳子

【関連記事】