Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

秋山準がDDT移籍後初の全日本プロレス参戦も「もっとTwitterとかで発信して」と古巣にWEB戦略をアドバイス

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
バトル・ニュース

 15日、東京都・後楽園ホールにて全日本プロレス『2020 SUMMER ACTION SERIES 2 ~青木篤志メモリアル AAforever~【開幕戦】』が行われ、秋山準がDDTへのレンタル移籍後初の全日本参戦を果たした。  秋山は2014年から代表取締役社長として全日本プロレスを率いて所属選手の大量離脱後の全日本プロレスを立て直したが、昨年7月に社長職を譲ってGMに就任し、今年1月には肩書のない1選手に。そして今年6月末には「全日本での僕の役割は終わった」と自身がレギュラー参戦していたDDTへのレンタル移籍を発表していた。  秋山のレンタル移籍の真意については様々な憶測が飛び交っていたが、6月25日以来の参戦となる全日本マットに上がった秋山を渕正信が笑顔で出迎え、両者は握手。渕がリングサイドのカメラマンたちに「あとで写真ちょーだいね(笑)」と記念撮影をさせてから試合開始。  試合は終始明るくコミカルな展開で進み、「秋山シャん!おひシャーしぶりです!」と叫びながら襲いかかってくるブラックめんそーれを場外ボディスラムで叩きつけ、かつては地方大会でも毎回のように見られた場面を再現。  秋山と大森隆男の対面では互いが長年積み重ねてきた基礎を確かめ合う攻防を展開する場面もあり、最後は大森がアックスボンバーでSUSHIを沈めた。

 試合後、久々の全日本参戦の感想を聞かれた秋山は「1カ月、2か月ぶり?まぁなんも変わらず来たけど、今日はDDTが試合があったんで。基本移籍してるんで、基本的には(全日本には)出ることはないんだけれど、今日は青木の追悼ということで」と淡々と語る。  そして、話が岩本煌史の持つ世界ジュニア王座に挑戦が決まっている田村男児について及ぶと、「やっぱり俺は気にして見てるけど、やっぱり発信がない。俺のところまで来ない。俺は今同じ業界のDDTにいて、アイツのTwitterとかはフォローしてるけど、何にも来ない。それは本当に大切だからもっとちゃんとやった方がいい。東スポさんもTwitterから記事を拾っているもんね。天下の東スポさんがTwitterから記事を拾っているってことはそれだけ影響力があるってことだから、そこから広がることもたくさんあるから。今は準烈もそうだし、そこから広がることもあるから。もっともっと発信して自分の想いをファンの人に届けて。で、ファンの人に背中を押してもらって世界ジュニアを取ってもらいたいと思います」と、サイバーエージェントグループの団体へ活動の場を移した秋山がSNSの活用法について言及した。

【関連記事】