Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

軽自動車こそ原点! 語り継がれるべきホンダの軽自動車5選

配信

くるまのニュース

ホンダの軽自動車のなかから名車を振り返る

 数年前までは、国内の自動車市場でもっとも売れているクルマといえばトヨタ「カローラ」や「プリウス」が定番でした。しかし、近年は軽自動車がもっとも売れているクルマです。 【画像】ホンダイズム全開! いまだ色あせない軽自動車を見る(30枚)

 なかでもホンダ「N-BOX」は、2019年に25万3500台を販売し、すべての新車販売台数においては3年連続、軽4輪販売台数においては5年連続の首位を獲得しています。  そのホンダの原点といえば軽自動車であり、いかにもホンダらしいユニークなモデルでした。そこで、これまで販売されたホンダの軽自動車のなかから、ユニークで記憶に残るモデルを5車種ピックアップして紹介します。

●T360

 オートバイの販売で企業として軌道に乗っていたホンダが、最初に販売した4輪車が1963年に発売された360ccエンジンのセミキャブオーバー型軽トラック「T360」です。  T360と同時に開発していたスポーツカーの「スポーツ360」がお蔵入りとなり、これに搭載していた360cc水冷直列4気筒DOHCエンジンをT360に流用するという、当時の常識では考えられない軽トラックでした。  最高出力30馬力を8500rpmで発揮するという、まさにスポーツユニットといえるエンジンでしたが、軽トラックのエンジンに要求されるのは耐久性やメンテナンス性、低回転域でのトルクだったため、販売台数は振るいませんでした。  1967年には、空冷2気筒OHCエンジンを搭載した「TN360」にバトンタッチするかたちで、生産を終了しました。  いまでは現存数も少なく激レアなクルマですが、栃木県の「ツインリンクもてぎ」にある「ホンダコレクションホール」には、新車のようにレストアされたT360が動態保存されています。

●バモスホンダ

 キャブオーバー型の軽トラックTN360をベースにした派生車が、1970年に発売された「バモスホンダ」です。  バモスホンダはTN360のシャシに、まるで軍用車のようなユニークなデザインボディが架装されたモデルで、分類としては軽トラックとなっていました。  バリエーションは、2人乗り、4人乗り、そして4人乗りフル幌の3タイプが設定され、キャビンはソフトトップのルーフで、ドアが無くパイプ状のものがドアの代わりに装着されているのみと、かなり簡素なつくりでした。  外観のデザインからオフロードも走れる雰囲気がありましたが、最低地上高が低く悪路走破性は高くなかったようです。  メーターのユニットはオートバイで実績のある防水タイプで、シート生地も防水性の高いキャンバスを使用し、急な雨でも問題ないようにつくられていました。  奇抜すぎるデザインは好き嫌いが分かれて販売面では苦戦し、発売からわずか3年後の1973年に生産を終了。いまでは大変希少なモデルです。

【関連記事】