Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

テレワーク化でオフィス廃止した企業が直面する「人材育成」の壁

配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

経営や人事において、アフターコロナの話題の1つとして、「本当にオフィスは必要なのか」の議論がよくなされています。 【全画像をみる】テレワーク化でオフィス廃止した企業が直面する「人材育成」の壁 報道などによると、サイボウズやGMO、ツイッターなど、さまざまな企業が完全に近いテレワークを実現し始めており、オフィスレスは現実的な選択肢として検討されつつあります。かく言う弊社のような小さなコンサルティング企業でも、「コロナ明け」もテレワークが続いており(このコラムもオフィスに私一人だけの状況で書いています)、今のところ特に問題も生じていません。数カ月もこんな状況が続くと、オフィスは本当にいらないのではないかと思えてきます。

全員プロならオフィスはいらない

もし会社のメンバー全員が自立したプロフェッショナルであれば、本当にオフィスはいらないと、私は思います。あるいは、そこまでは言い過ぎだとしても、「なくても大丈夫」だと思います。 「プロ」であれば、上司や同僚に依存せずに、独力で多くの仕事をこなせますし、必要な情報も自分できちんと判断して必要な人に知らせることもできるでしょう。情報収集や能力開発も自発的に行い、仕事で必要な能力やスキルを維持することもできるでしょう。モチベーションなどのメンタル面も自己管理してくれるでしょうし、もっと言えば、モチベーションなどに左右されずにアウトプットできるのがプロです。 そういう人ばかりなら、何もリアルにオフィスに集まって、相互にケアしながら仕事をする必要はありません。

問題は、日本に「社員全員プロ」な会社がほぼないこと

しかし、そういった「全員プロ」の会社は日本にはほとんどないと言ってもよいでしょう。日本企業は、元々が専門性よりも文化適性やポテンシャル重視のメンバーシップ型(仲間探し型)の採用を行っており、みんなお互いに助け合いながら仕事をしています。 年齢や職歴的にはベテランの人でも、人事異動でまったくの畑違いの仕事にローテーションされれば、とりあえずしばらくの間は素人同然です。それでも、リアルなオフィスで机を並べて仕事をしていれば、上司や同僚に自然に見守ってもらえ、問題があればサポートしてもらったり、わからないことがあれば教えてもらったりして、チームとして成果を挙げてきたわけです。

【関連記事】