Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

登園自粛の5歳児からみた新型コロナショック。在宅フリーランス主夫の奮闘記

配信

ハフポスト日本版

登園自粛で突然始まった、ウチの5歳児くんの長いお休み。 彼の目には世界的疫病に怯える我が親、そして社会はどう映ったのだろうか? どこにでもいる凡庸な、僕ら親子を通して描くパンデミック。 その戦い方と家族の結束とは。ライターの村橋ゴローさんがハフポスト日本版に寄稿しました。 -----------------------------

5月25日、遂に首都圏1都3県・北海道の緊急事態宣言が解除され、一応の収束を見せ始めた新型コロナ・ショック。年明けから地球全体を徐々に蝕み、列島では3月後半から感染が拡大した。我が家には、5歳になる息子がいる。彼の目には世界的疫病に怯える我が親、そして社会はどう映ったのだろうか? どこにでもいる凡庸な、僕ら親子を通して描くパンデミック。その戦い方と家族の結束とは。

ウチの5歳児くんは新型コロナなんて素知らぬ顔

4月7日に政府が埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、大阪府、兵庫県、及び福岡県の7都府県に緊急事態宣言を発令すると、その翌日には保育園から「強い登園自粛要請」メールが届いた。くわえて我が家夫婦は揃ってフリーランス。7日以前までは「その時すでに休校になっていた小学校以上の大きい子どもがいる家は大変だなあ」と呑気に言っていたのだが、遂に保育園まで自粛か。このため、「小さな子が家にいると仕事は厳しい、何とか預かってもらえないか」とその日に保育園に電話したほどだ。そう考えると、この時期はまだ新型コロナへの恐怖より、幼い子どもが家にいる状況で仕事をする不安が勝っていたのだろう。 しかしそこから加速度的に世界は一変し、新型コロナウイルスは世界を襲っていった。「2週間後の東京は、ロックダウン中のロンドンのような惨状に」「2週間後の東京は、今のニューヨークのような惨状に」。SNSではまことしやかにそうささやかれ、僕ら大人たちは恐怖に苛まれていた。その一方、ウチの5歳児くんは当然だが、世界の有事も何のこっちゃわかっていない。突然始まった長いお休みを享受していた。

【関連記事】