Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

時代を切り拓いた革新のエポックマシン:ホンダNR【楕円ピストン&500万円超】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEBヤングマシン

’92 ホンダNR〈世界初:楕円ピストン&国産初:500万円超〉

型式としてはV型4気筒だが、内燃機関の歴史で唯一となる楕円ピストンを採用したNRのエンジンは、実質的にはV型8気筒に相当。その原点は、’79~’82年の世界GPを戦った500ccレーサーと、’80年代後半のルマン24時間耐久やオーストラリア・スワンシリーズに参戦した750ccレーサーだが、’92年から市販が始まったストリート仕様は、ダイナミック&エレガンスというコンセプトを掲げ、高級車としての質感を重視。ほとんどのパーツを手の込んだ専用設計としたため、価格は当時の二輪で最も高価な520万円。ハンドメイドのカーボン外装やチタンコートスクリーン、センターアップマフラー、ニカジルメッキシリンダー、16ビットのコンピュータを用いた電子制御式インジェクションなども、当時としては画期的な装備だった。 【関連写真×7枚】時代を切り拓いた革新のエポックマシン:ホンダNR〈楕円ピストン&500万円超〉 ――【’92 HONDA NR】■車重223kg(乾) 水冷4ストV型4気筒DOHC8バルブ 747cc 77ps 5.4kg-m ●当時価格:520万円 ――楕円ピストンの上部には吸気4+排気4=8本のバルブ、下部には2本のチタンコンロッドを配置。カムシャフトの駆動はギアトレイン式で、ボア×ストロークは歴代ナナハン4気筒で最もショートストロークとなる101.2×50.6×42mm。フルパワー仕様の最高出力は130ps。 ――アルミフレームやプロアームは同時代のVFRに通じる構成だが、ストリート用としての最適化が図られている。フロントフォークはホンダ製ロードバイク初の倒立式。 ――メーターは同時代のレーサーレプリカとは一線を画する構成。速度はデジタル表示で、カーボンパネル中央には回転計、その左には油温/油圧計、右には水温/燃料計を設置。 ――【’79 ホンダNR500】“打倒2スト”という目標を掲げて華々しいデビューを飾ったものの、革新的な機構を盛り込みすぎたため、世界GPでは苦戦が続いたNR500。’82年以降は2ストV型3気筒のNS500に、主役の座を明け渡すこととなった。 ――【’87 ホンダNR750】戦いの舞台を耐久/4ストプロトタイプクラスに移した750cc仕様のNRは、’87年のルマン24時間で予選2位を獲得(決勝は3時間でリタイヤ)。同年秋のオーストラリア・スワンシリーズでは、第2戦で優勝を飾っている。

―― ●文:中村友彦

WEBヤングマシン編集部

【関連記事】