Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

初めてのオンライン授業、まずは"つながる"ことが重要――実践中の塾に訊いた課題と心構え

配信

EdTechZine

 新型コロナウイルス感染拡大の防止のため、4月からは多くの塾が休業を余儀なくされました。学校の臨時休校も相まって、パソコンやタブレットなどで受講できる「オンライン授業」が注目を浴びてきましたが、実際に導入するとなると環境整備や保護者の理解、指導者のスキルなど、課題は多くあります。そんな中、試行錯誤しながら初めてのオンライン授業に取り組んだ埼玉県鴻巣市の私塾 学びの道の塾長、寺山卓さんに、授業のオンライン化に至った経緯と、実践にあたって意識したことや課題を伺いました。

複数のツールを組み合わせて、各家庭のデバイス環境に対応

――もともとの貴塾の指導・運営形態はどのようなものだったのでしょうか。また、今回のコロナウイルス感染拡大をうけて、どんな対応をされましたか。

寺山卓さん(以下、寺山さん):弊塾は「自立型」の集団学習の形態で、対象は小学生から中学生(高校受験生)までです。座学や講義など受け身の授業形式ではなく、演習に特化した学習体制です。

 3月より個別かつ短時間の指導に切り替え、緊急事態宣言が出された4月から全面的にオンライン指導に移行しました。

――オンライン授業に迅速に切り替えられたようですが、設備・環境などの準備は整っていたのでしょうか。

寺山さん:以前から指導報告、入退室、保護者へお知らせなどの連絡に「Comiru」というアプリを使っていました。そのComiruからオンライン授業に対応した「ComiruAir」がリリースされたのですぐに導入を決めました。

 当初、ComiruAirはパソコンのみの対応だったので、環境が整わないご家庭もありました。スマートフォンのみのご家庭にも対応すべくZoomとLINEを併用することで、ほぼすべての塾生がオンライン上で受講できる体制ができました。授業では指導者は同じ時間に3ツールを起動し、同時に行いました。

 とはいえ、急な授業スタイルの変更だったので、どのような形がうちの塾の方式にあうのか手探り状態での出発でした。

【関連記事】