Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【予算7万円で手に入る】オリジナル成分が濃ゆい、忠実デザインの“ミリ顔時計”3選

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ウオッチライフニュース

 腕時計のルーツにして、戦場という過酷な環境下で使用する道具としての実用性だけを求められた軍用時計。  以前はコアなファンが楽しむジャンルというイメージが強かったが、近年はファッショントレンドにおけるミリタリー人気も受けて幅広い層から注目を集めている。  そしてこうしたミリタリー人気は時計業界にも波及。  例えば、2017年には高級時計ブランドのブランパンが軍用ダイバーズのMIL-SPEC1へのオマージュを捧げたモデルを手がけたほか、19年にはなんとチューダーが幻の存在となっていた軍用ダイバーズウオッチのプロトタイプに着想を得たモデルを製品化するなど、ミリタリーテイストを取り入れたというようなライトなものではなく、かなり本気度の高い忠実デザインのミリ顔時計が登場しているのだ。  実際に軍に供給される現役バリバリの軍用時計も魅力的だが、時計ブランドが自社のアーカイブにインスピレーションを得て手がける忠実デザインのミリ顔モデルは、オリジナルが活躍していた当時のレトロな雰囲気をしっかり漂わせながら、現代の時計製造技術や最新のムーヴメントが採用されているため、時計としても非常に洗練されているものが多い。  昨今は、現代的なアレンジを加えたライトな雰囲気のモデルにも魅力的なモデルが増えていることも確かだが、ここではオリジナルの成分が濃い、忠実デザインのミリ顔時計だけをセレクト。  いずれもオリジナル顔負けの無骨顔だが、外装もムーヴメントも現代技術が反映された安心のスペックを備えた使い勝手のいいものばかりなので、大活躍すること間違いなしだ。

HAMILTON(ハミルトン)/カーキ フィールド メカ

 ベトナム戦争時にあった1960年代、ハミルトン(ほかのメーカーでも製造)が、MIL-W-3818Bの仕様に基づき、アメリカ軍に供給した軍用時計を忠実に復刻した人気モデル。使い捨てタイプの軍用時計が普及する以前のもので、オリジナル同様、防塵、防水に優れたつや消しSSケースに、ベーシックなセンターセコンド仕様となっている。  またオリジナルのムーヴメントではせいぜい30~40時間パワーリザーブだったが、このモデルでは約80時間ものロングパワーリザーブを実現した最新鋭の手巻きムーヴメントを搭載している点も見逃せない。価格は6万3800円。 ハミルトン/スウォッチ グループ ジャパン:TEL.03-6254-7371 https://www.hamiltonwatch.com/ja-jp/

【関連記事】