Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

全米OPで6パット 素人でもやらない“無気力プレー”に海外騒然「プロじゃない」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
THE ANSWER

全米オープンでニュージーランド選手が大荒れ、後に謝罪「浅はかだった」

 20日(日本時間21日)まで行われた米男子プロゴルフ(PGA)ツアーの海外メジャー・全米オープンは、世界ランク9位ブライソン・デシャンボー(米国)の優勝で幕を閉じた。この大会での、ある選手のプレーが物議を醸している。第3日の18番ホール、やる気のない様子で6パットを記録したダニー・リー(ニュージーランド)の実際の動画を米メディアが公開。プロらしくない振る舞いに、海外ファンからは「信じられない」「あらら」などと反響が寄せられている。 【動画】「プロじゃない」「あらら」と海外騒然! やる気なく行ったり来たり…リーが記録した6パットの実際の映像(2パット目から)  決められそうなパットを適当に打ち、行ったり来たりだ。予選を通過したリーは18番ホール、グリーン上での4打目、約1メートルのパットを外す。続くボギーパットも約50センチオーバーとすると、今度はしっかりアドレスもせずに打った。これが大きく外れると、再びしっかり構えずにパット。もはややる気は感じられない。  続く一打もカップに嫌われ、6パット目でようやくカップイン。18番は「9」としてホールアウトし、通算13オーバー。イライラが爆発したリーは直後、パターでゴルフバッグを殴りつけるなど大荒れだった。実際の動画を米専門メディア「ゴルフ.com」や、米スポーツ専門局「CBSスポーツ」のアダム・シルバースタイン記者がツイッターに公開している。  海外ファンからは「信じられない」「あらら」「伝説的なパット打ちだな」「全然プロフェッショナルじゃない」「我慢ならなかったんだな!」「ワオ、爆笑」「ゴルフは時にあなたを狂わせる」などと反響が寄せられている。リーは第3日終了後、手首の故障により棄権。自身の行いについてはツイッターで「醜い行為を謝罪する。プロらしくなく、浅はかだった」などと謝罪している。

THE ANSWER編集部

【関連記事】