Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【ソフトバンク】柳田悠岐、2年ぶりマルチ弾&今季2度目猛打賞

配信

スポーツ報知

◆パ・リ-グ ソフトバンク8―12楽天(8日・福岡ペイペイドーム)  無観客のスタンドに強烈な打球音が響いた。7回先頭のソフトバンク・柳田がシャギワの155キロツーシームを豪快に捉えた。この日、2本目のアーチはバックスクリーン左へたたき込む6号ソロ。「自分のスイングで打てましたし、甘く来た球を1球で仕留められた」。18年8月26日の西武戦(ヤフオクD)以来、約2年ぶりのマルチ本塁打を決めた。  1本目は“技あり”の一発でもあった。3回1死一塁、涌井の内角へのチェンジアップをすくい上げて右越え5号2ラン。「うまく拾って芯で打つことができた」。体勢を崩されながらもスタンドに運ぶ怪力プラス技術がギータの真骨頂だ。  リーグトップの楽天・浅村に負けじと2発で3本差。今季2度目の猛打賞で打率を3割2分3厘まで上げた。序盤から大量ビハインドを背負いながら追い上げた打線に「何とか点を取ってくれた」と光明を見いだそうとした工藤監督。柳田の上昇気配とともに、得点力をアップさせる。(戸田 和彦)

報知新聞社

【関連記事】