Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

元テラハ水越愛華 「変わり果てた」木村花さんに対面…直前までDMでやりとり、異変に家を飛び出す

配信

デイリースポーツ

 元テラスハウスメンバーの水越愛華(22)が24日、インスタグラムを更新し、テラハに出演していた女子プロレスラー・木村花さんが23日に亡くなったことに触れた。直前までインスタDMでやりとりし、返信が来なくなったことから異変を察知。急ぎ自宅に向かったがすでに木村さんはそこにおらず、病院に向かい、「変わり果てた彼女」に対面したことを記した。水越は「助けられなくてごめんなさい」とつづった。 【写真】 木村花さん初々しすぎるデビュー前 レスラーの娘と思えない佇まい  水越は「あの日の夜中、たまたま遅くまで起きていて 彼女がストーリーを更新していて 何気なくDMを送りました」と振り返った。「彼女からの返信はいつもと様子が違くて、途中から返信も来なくなって、気になってTwitterの投稿を見て異変に気づき、すぐに自宅を飛び出し彼女の家に向かいました」と詳細に明かした。  「家に着いてもそこに姿は無かったので、病院に向かいました。病院に着いたら、変わり果てた彼女が居ました」と遺体と対面した瞬間をつづった。水越は木村さんに会おうと急いでいる道中について「向かっている最中、私はどこかで生きてるだろうと思い込んでいました。そして、何事もなかったとしても抱きしめようと思っていました。あなたが、こういう状況になったら いつでも駆けつける仲間がいるんだよって、あなたが自分に傷を付けてもいいのは リングの上だけだよ って伝えようと思っていました」と伝えられなかった思いを投稿。  木村さんの生前に約束をかわしていたそうで、「卒業したら旅行に行こうねって、一緒に潰れるまでお酒を飲もうねって、また、ご飯も行こうねって約束をしていました」と明かした。  さらに水越は「私もテラスハウスに出て、誹謗中傷を受け、傷付きました。その様子も配信されていたので知ってる人もいると思います。“テレビに出てるから仕方ない” “傷付くくらいなら出るな” “死ね”、“出て行け” 沢山言われました」とつらかった過去を告白。  水越は「表に立つ仕事をしている人もみんな、人間なんです。感情があるんです。言葉は本当に、凶器になります。表に出ているから仕方ない、覚悟が足りない、メンタルが弱い。そんな問題じゃないんです。いわゆる有名な人には何を言ってもいい、そんな風潮を払拭しなければいけません」と誹謗中傷への抗議の思いと後悔をつづった。その上で水越は「どんなに悔やんでも、彼女は帰ってきません。もう笑顔を見ることもできないし、一緒にご飯を食べることもできない。最後の姿が頭から離れません。いつも笑顔が素敵な彼女が あんな姿になってしまっただなんて。あの姿が最後だなんて思いたくない、信じたくないよ」と投稿。  「どうか、どうか安らかに眠ってください。ゆっくり、休んでね。もうあなたを傷付ける人はいないよ。出会ってくれて、ありがとう。助けられなくて、ごめんなさい。心よりご冥福をお祈りいたします」と悼んだ。

【関連記事】