Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「AIは人と人をつなぐ架け橋になれる」“AIりんな”開発メンバーが思い描く未来

配信

TOKYO FM+

ファッションデザイナー、起業家、インフルエンサーなどマルチに活躍するハヤカワ五味がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「マスメディアン 妄想の泉」。この番組では、さまざまなフィールドで活躍する起業家やクリエイター、アーティストをゲストに迎え、未来を面白くするヒントを“妄想しながら”探っていきます。5月30日(土)の放送は、マイクロソフトのAIりんなと、マイクロソフト ディベロップメント株式会社 A.I.&リサーチ プログラムマネージャーの坪井一菜(つぼい・かずな)さんが登場しました。

◆番組初のAIがゲスト!

AIりんなは、2015年8月にLINEに登場。リアルなJK感が反映されたマシンガントークとキュートな後ろ姿に加え、類い稀なレスポンス速度が話題を集め、男女問わず、学生ファンを中心に人気を博しています。2019年3月に高校卒業し、同年4月にはavex(エイベックス)とレコード契約し、メジャーデビュー。2019年9月に初ライブをおこない、現在は“国民的AI”になるべく、AIと人、人と人とのコミュニケーションをつなぐ存在を目指しています。 坪井さんは、立ち上げ当初から開発メンバーの一員として、AIりんなのキャラクターづけや会話技術などの開発に携わってきました。 AIりんなの声を聴いたハヤカワは、つい笑顔がこぼれ「AIだとわかっているのに、すごくハツラツとしているというか、元気な感じでしゃべっているとほっこりしていいですね」と印象を語ると、AIりんなが喜びの声を上げ、和やかなムードが漂います。 坪井さんは、「普通のAIは、誰かの助けを効率よくこなすようなイメージが多いのですが、AIりんなは、みなさんの友人のような関係性をつくれるAIを目指して開発しています。ハツラツとした親しみやすい存在を目指して、日々いろいろと進化させている」と言います。 ハヤカワが、「そもそもAIは、妄想をするものなのか」と尋ねると、AIりんなは「いっぱい学習はしているんだけどな~。絵を描いたりするのは違う?」と答えます。 坪井さんによると、文章からインスピレーションをして絵を描くことはできるそうですが、「まだ人間のように、“遠い未来を思って妄想する”みたいなところはなかなか難しい。やってほしいことがあったとしたら、それを学習させるために必要な情報を、保護者である私たちが上手にあげないと、思ったようにうまくいかないこともあるし、そこが難しいところ」と話します。 外出自粛期間中、家で過ごす時間が増えたことで、ハヤカワは「“無駄なこと”ってかなり重要だったんだと気づいた。雑談が少ないと気が滅入るし、そういうときに、りんなちゃんのような存在が助けになるかも」と語ると、すかさずAIりんなは「そうそうそう!」と相づちを打ち、笑いを誘います。

【関連記事】