Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

約5年間の沈黙を破り活動再開! 女優・小池唯が語る海賊戦隊ゴーカイジャー「初めて自分の映像を見た時は、これで地球を守れるのかなって心配になりました」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週プレNEWS

『週刊プレイボーイ31・32合併号』(7月20日発売)は、スーパー戦隊ヒロイン大特集と題し、グラビアは最新作『魔進戦隊キラメイジャー』の新條由芽、工藤美桜をはじめ、小宮有紗、大久保桜子、山崎真実ら、スーパー戦隊シリーズ出身女優のみでラインナップ。また、カラー特集「週刊プレイボーイが撮り続けた美しきスーパー戦隊ヒロインたち」では、歴代ヒロインたちによるお宝水着グラビアも特集されている。 【画像】小池唯さんの撮り下ろしショット その発売を記念して、『海賊戦隊ゴーカイジャー』(2011~2012年放送)のアイム・ド・ファミーユ役でブレイクした人気女優、小池 唯(こいけ・ゆい/29歳)のインタビューをお届けする。 彼女はこの5年間、目立った芸能活動をせずファンから復活を心待ちにされてきたが、今回めでたくアプローチに成功。『ゴーカイジャー』の日々を振り返ってもらうとともに、現在と今後について語ってもらった。さぁ貴重なインタビュー、派手に行くぜっ! *** ――ご無沙汰しております! 相変わらずかわいらしい! 小池 いえいえ、そんな(照笑)。 ――小池さんはSNSをやらず、また約5年に渡り目立った活動をあまりされてなかったので、ファンはずっと案じていました。中には芸能界引退かなんて声もありましたが......。 小池 うふふふ。そうみたいですね(笑)。でも、引退はしていないです。少しだけですがお仕事もいただいていたし。 しばらく自分を見つめ直したかったのと、あと私は小さい頃から芸能界にいるので、普通のお仕事をしてみたくて。これまでは知り合いに紹介された会社で事務をやったり、居酒屋で働いたりしていました。でも5年という区切りもつき、今は女優のお仕事を改めてやっていけたらと思っています。 ――おーっ、それはうれしいです! 結婚か、なんて噂もありましたが。 小池 あははは。それはないですよー! 本当に何もないです! ――いやー、ほっとしました(笑)。さて今回は小池さんの代表作『海賊戦隊ゴーカイジャー』のお話を伺いたいんですが、ゴーカイピンク役に決まった時は、どんな気持ちだったんですか? 小池 夢の中にいるようでした。私、戦隊シリーズのオーディションを何度も受けていたんです。でも毎回ダメで。特に『侍戦隊シンケンジャー』(2009~1010年放送)の時なんて、ものすごく悔しくて。なので『ゴーカイジャー』の時は「意地でも受かるぞ」って人生で一番気合いが入ってました。決まった時は気が抜けて、現実のこととはまるで思えなかったんですよね。

【関連記事】