Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

早朝からチア姿でサラリーマン応援 「全日本応援協会」とは一体…代表は“女版・松岡修造”

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ENCOUNT

チアリーダーからアナウンサーへ、華やかさの中で忘れていた謙虚さ

 新宿や新橋などの駅前で通勤中のサラリーマンを応援するチアガール姿の集団「全日本女子チア部☆AJO」。謎めいた集団の正体は何なのか。創部11周年、フリーアナウンサーとして活動しながら一般社団法人・全日本応援協会の代表理事を務める「クミッチェル」こと朝妻久実さんの素顔に迫った。 【ギャラリー】新宿、新橋、池袋、国分寺、桜木町で行う応援の数々…「全日本女子チア部☆AJO」は応援で人や社会を変えていく  朝妻さんがチアリーディングと出会ったのは大学生の時。新入生歓迎イベントで行われたパフォーマンスに心を奪われた。その場で入部、2年の時には学園祭のMCにも抜擢され、そこでスポットライトを浴びる高揚感を知ったという。 「MCを担当したことでコール&レスポンスの楽しさを知って、お客さんとの一体感に感動した。自分がやりたいことは何だろうと考えた時に、『そうだ、アナウンサーだ!』と」  就職活動では全国のアナウンサー募集に片っ端から応募。ところが、70社近くを受けるも内定は0だった。卒業後はアナウンススクールで下積みし、社会人3年目にようやく山陰中央テレビに1年間の契約アナウンサーとして入社。今でこそ感謝の思いを口にするが、当時、夢に見たアナウンサーの世界は「苦難の日々だった」という。 「本当の意味でアナウンサーの仕事を理解してなかった。事務作業、裏方仕事ではミスばかり。私はアナウンサーがやりたいのに、なんでこんなことをしなきゃいけないんだろうと。途中からは四面楚歌のような状態でした」  自ら「タレント気分でいた」という心を入れ替え、最終的には円満に送り出される形で退社。“元局アナ”の肩書を手に入れ、満を持して東京に戻るも、ここで3度目の挫折に直面する。 「やっぱり、落ちて落ちて落ちまくって。肩書があってもダメなんだと自暴自棄になっていたとき、喝を入れてくれた友達から『本当にやりたいことは何なの!?』と問われて、『チアがやりたい』と口から自然に言葉が出ていた」

衝撃的だった“初代部長”齊藤彩さんとの出会い

 当時、たった1人で全日本女子チア部の活動を行っていた初代部長の齊藤彩さんが、親交のあったラジオ局でゲスト出演していたことを知り、その音声を繰り返し再生。部員募集をしていたことから、彼女の活動を見に行く決意をした。物陰から恐る恐る見ていたそのパフォーマンスに、朝妻さんは一瞬で魅せられた。 「早朝の新宿駅で、コートを来た女性が、スピーカーから流れる音楽に合わせてコートのボタンを外していく。コートを脱ぎすてチア衣装になると、一度音楽を止めて『皆さん、おはようございます!』と。その声がかわいさとはかけ離れたドスの効いた大声で(笑)。でも、『私はダメなサラリーマンでした! だから、毎日勝手に応援してます!』と叫ぶ彼女に救われた。私も殻を破らなきゃとその場で声をかけたんです」  2010年8月、二人で念願の路上デビューを飾る。すると、不思議とアナウンサーの仕事も舞い込むようになったという。2015年には初代部長の齊藤さんが結婚を機に“引退”。部長を受け継いだ朝妻さんはフリーアナウンサー、2代目部長、全日本応援協会代表理事、そして地元旭川の観光大使と多方面に活躍の場を広げる。サッカーのビジャレアル・久保建英を育てた体幹トレーニングの第一人者、木場克己氏の美尻トレーニングメソッド「CBH」の応援アシスタントも務めている。 “朝チア”デビューから早10年。今では部員も増え、エリアも新宿、新橋、池袋、国分寺、桜木町と拡大。メンバーが増えたことでこれまでローテーションで回していたパフォーマンスを分散して行えるようになったという。最近では、応援ダンスやスピーチに加えて、終了後は見学者とともにゴミ拾いをしたり、個別応援を行ったりもしている。げんを担ぎに来る人も多いとか。テレビ番組では“元祖応援隊長”の松岡修造氏とも共演。本家からも「すごいパワーだ」と“女版・松岡修造”のお墨付きをいただいた。今後については「生涯現役、プレーイングマネージャーを目指したい」と本音を語りつつ、後進の育成を目標に掲げる。 「応援する側を増やしていきたい。応援されること、応援することで私自身が変われたように、今度は応援で人や社会を変えていけるように。今までは道場破りのような形で来るもの拒まずでしたけど、年明けからはより世の中を変えてくれそうなパワーあふれる新メンバーを求めて募集とオーディションをする予定です」  3度の挫折から救ってくれた応援の力。その力を社会に還元し、さらなる“応援スパイラル”を巻き起こすため、朝チアの活動はまだまだ終わらない。

佐藤佑輔

【関連記事】

最終更新:
ENCOUNT