Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「原神」公式、PC版の“スパイウェア疑惑”についてコメント ゲーム終了後も起動していたのは「不正パッチを防ぐため」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ねとらぼ

 ゲーム「原神」(PS4、PC、iOS、Android)運営チームは9月29日、同ゲームのPC版を巡る“スパイウェア疑惑”について、Twitterと公式サイトで調査結果を報告しました。問題となっていたプログラムはあくまでチート(不正)を防ぐためのものでしたが、結果的にユーザーを混乱させてしてしまったとし、「深くお詫び申し上げます」と謝罪しています。 【「原神」運営によるコメント】  「原神」は中国miHoYo社が開発し、9月28日午前にサービスを開始した、基本プレイ無料のオープンワールドアクションRPG。問題となっていたのはそのPC版で、ゲームを立ち上げると、アンチチートプログラム「mhyprot2」がバックグラウンドで自動的に起動。ゲームを終了したり、アンインストールしたりしても動作を続ける/mhyprot2を削除しようとしてもアンインストールできない――といった挙動から「スパイウェアではないのか」と不安がる声が広がっていました。  「原神」公式の発表によると、同プログラムはあくまで不正防止のためのもの。ゲーム終了後も起動し続けていたことについては、「ゲームを起動しない隙間を利用し不正プログラムをゲームパッチに植え付けする行為を防ぐため」だったと説明しています。また、不正行為以外でアンチチートプログラムが読み取った情報については、保存やアップロードなど一切行わないとも強調しています。  ただ、ユーザー側の混乱も考慮し、今後の対応として、お知らせ掲載後30時間以内に、ゲーム終了後も「mhyprot2」が動作する仕様を削除するとのこと。また、mhyprot2を削除しようとしてもできない問題については、「パソコンを再起動すれば、削除が可能となります」と補足しています。  「繰り返しとなりますが、原神運営チームおよびmiHoYoはあらゆるプレイヤーの個人情報や利益を不当に損なう行為をいたしません。引き続き、皆様からのご指導、ご鞭撻をお願い申し上げます」(お知らせより)

ねとらぼ

【関連記事】