Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

奥川鮮烈154キロ ヤクルト2軍戦、開幕戦先発デビュー 1回無失点2K

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
北國新聞社

 プロ野球ヤクルトのドラフト1位ルーキー奥川恭(やす)伸(のぶ)投手(19)=かほく市出身、星稜高OB=は20日、西武とのイースタン・リーグ開幕戦でプロ初登板し、1イニングを完璧に抑えた。打者3人に対し14球を投げて無安打無失点2奪三振、最速154キロをマークし鮮烈なデビューを飾った。

 初登板が予想された19日の開幕戦が雨で中止となり、1日スライドして先発のマウンドに上がった。記念すべき第1球は自己最速タイの154キロの直球で、相手から空振りを奪った。

 打者3人を打ち取った球はいずれも力のある直球。先頭打者西川愛也外野手(21)を遊飛に仕留めると、2番綱島龍生内野手(20)は見逃し三振、3番高木渉外野手(20)は空振り三振に切って取り、ベンチに引き揚げる際にはにかんだ笑顔を見せた。

 初登板を終えた将来のエース候補は「しっかり自分の投げたい球を投げようと思いました」と直球主体の投球の手応えを語った。無観客試合のため、ファンの歓声が響くことはなかったが、目標はさらに上にある。「今まで通りのピッチングができるようにしたい。(1軍に)上がった時には思い切って投げたいなと思います」と前を見据えた。

北國新聞社