Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

福井県で震度5弱以上の地震は57年ぶり けが人や建物被害まとめ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
福井新聞ONLINE

 9月4日午前9時10分ごろ、福井県嶺北で震度5弱を観測する地震があった。気象庁の震度データベースによると、福井県内で震度5弱以上の揺れを観測した地震は、最大震度5を観測した若狭湾を震央とする1963年3月27日の地震以来、57年ぶり。  県が午後6時までに確認したけが人は福井市で12人、坂井市で1人の計13人。  坂井市のショッピングセンター、アミでは商品が棚から崩れ落ちたり天井が複数壊れたりする被害が出た。  県によると、福井市の民家でブロック塀3個分が歩道側に崩れる被害が出た。永平寺町の松岡東幼児園はホールの天井釣り金具が外れ、パネルが傾いた。いずれも、けが人はなかった。  また福井市の福井リハビリセンターでは病院空調配管破損、福井工業大学では連絡通路に一部亀裂、福井医療大学では外壁落下などの被害があった。  1963年の地震では敦賀市で震度5、福井市で震度4が観測された。1948年の福井地震では福井市で震度6が観測された。

福井新聞社

【関連記事】