Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

映画初主演の清原果耶があいさつ 桃井かおりのせりふをかみしめ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
共同通信

 同名の人気小説を映画化した「宇宙でいちばんあかるい屋根」(9月4日公開)の完成披露試写会が東京都内で開かれ、女優の清原果耶が舞台あいさつした。  映画初主演の清原が演じるのは、迷える14歳の少女・大石つばめ。不思議な老婦人・星ばあ(桃井かおり)と出会い成長していく姿を描く。  清原は印象に残った場面を問われると、「『しぶとく生きろ』って星ばあに言われるシーン」と回答。「つばめとしてその言葉を受け取った時はもちろん、時間がたっても心の中に残り続けると思う。今やっていることを一つ一つ丁寧にしぶとくずぶとくやっていきたい」とかみしめるように語った。  米ロサンゼルスに拠点を置き、リモートで参加した桃井は「こっちは夜中の2時半。けなげでしょ、桃井」とあいさつ。新型コロナウイルスの自粛期間中の過ごし方について「とにかくお店が開いてないので、毎日本気でご飯を作ってます」と明かし、「シソにオクラ、シュンギク、ネギを植えてる。いちいち買いに行ってる場合じゃないぜ、ベイビー!」と元気いっぱいだった。

【関連記事】