Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

バンライフ中断で、コロナ離婚のピンチ。原稿は書けないし、収入減…。さて、どうする?

配信

ハフポスト日本版

「『恵利はこの期間、一体何をしていたの?』 夫の言葉にグゥの音も出なかった」。 そう語るのは、ライターの菅原恵利さん。 家にずっと篭っていることで膨れ上がった劣等感、夫から切り出された「コロナ離婚」のピンチ──。コロナ禍での葛藤の末に、彼女が今想うことは? 菅原さんがハフポスト日本版に寄稿しました。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

目まぐるしい変化の中にいないと、意欲が湧かない

バンライフで旅生活をはじめて、1年ちょっと。 新型コロナがやってきて、旅を休止することになった私は、魂が抜かれたかのように体内のやる気というやる気を失っていた。 もともと仕事はリモートワークをしていたので、パソコンに向かって働くことには変わりはない。 だけど、楽しみにしていた地方取材の仕事はなくなっちゃったし、新しいキャンピングカー(トヨタのハイエースをベースにバンライフ仕様にカスタマイズされたSEDONAという車)を契約しに行くのも延期にせざるを得なかった。 やること、やるべきことは沢山あるんだけど、なかなか行動に移せなくなった自分がいた。 言葉では説明しにくい感情。 ただただ、旅して移動し続けることが恋しくてたまらなかった。 なんでそんなに旅生活にこだわるのかって、毎日の景色が移り変わっていくことが好きなのだ。家、職場、家、職場、の行き来を繰り返していた時期はあまり良い精神状態を保つことができず、景色を変える代わりに、やたらと引越しもしていた。 頑張って貯金したお金を、全て引越し資金にドーンと使うくらい。そのたびにインテリアも全部変更する。一人暮らしはじめてから、2年以上同じ家に住んだことがない。早いときでは、たった半年で引越しも。だから、「旅生活で生きていこう」と決める前から、毎日同じ風景を見て過ごすこと、同じ場所に定住するのが苦手だったんだと思う。 「帰る家があるから落ち着くのに!引越しばかりにお金を使うのは勿体無い!」という友だちの正論に、私は全く共感できなくて、悩んでいた時期がある。 私の場合は、どうやら、目まぐるしい変化の中にいると、創作意欲が湧いてくるようだ。寝る場所、食べる場所、歩く場所、毎日が違うから、毎日違うものを選んで行動することが、どんなに小さいことでも「決めたことを達成する」という、自分の中でちょっとずつ成功体験として自然に積み重ねて過ごしていたのかもしれない。

【関連記事】