Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

北朝鮮、初の新型ウイルス感染者の疑い 開城市を完全封鎖

配信

BBC News

北朝鮮・開城市で新型コロナウイルスの感染が疑われる事例が発生し、24日から同市を完全封鎖したと、同国国営メディアが26日に報じた。北朝鮮はこれまで、国内では感染者は1人も出ていないと主張していた。 北朝鮮国営の朝鮮中央通信(KCNA)によると、感染の疑いがあるのは、3年前に韓国へ脱北し、今月19日に韓国との軍事境界線を不法に越えて北朝鮮側へ戻った男性。 COVID-19(新型ウイルスによる感染症)の症状がみられたという。 秘密主義国家の北朝鮮はこれまで、国内感染者はゼロだと主張してきたが、大方のアナリストはその可能性は低いとしている。 ■市を封鎖、調査を開始 金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は、感染の疑いがあるとの報告を受けた直後の24日午後に「開城市を完全封鎖し、区域別、地域別に閉鎖させる先制的な対策を取った」という。 翌25日には、朝鮮労働党中央委員会政治局が非常拡大会議を緊急招集した。 金委員長は非常拡大会議で、「国家非常防疫システムを最大非常体制に移行」するよう命じた。 また、感染の疑いのある人物が、厳重に警備されている軍事境界線をどうやって越えたのかについて調査を開始し、責任のある部隊に「厳しい処罰を適用」すると警告したという。 こうした中で韓国側からはここ数日、軍事境界線沿いにある非武装地帯(DMZ)を何者かが不法に越えたという発表はない。 ■国内感染者はゼロと 北朝鮮は新型ウイルスが世界中に拡大した約6カ月前、国境を封鎖して多数の外国人や市民を隔離した。 金氏は今月2日、同国がCOVID-19への対応で「輝かしい成功」を収めたと称賛した。 (英語記事 N Korea on alert over 'first suspected virus case')

(c) BBC News