Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

神戸・三宮で「みかじめ両成敗」神戸山口組系組員と風俗店長逮捕

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ラジトピ ラジオ関西トピックス

 神戸・三宮の風俗店の店長からみかじめ料(用心棒代・あいさつ料)を受け取ったとして、兵庫県警は13日までに、暴力団排除条例違反容疑で特定抗争指定暴力団「神戸山口組」中核団体・山健組組員(48)と現金を渡したとみられる店長の男(47)を逮捕、送検した。  組員は神戸・三宮で風俗店の営業を容認したり、もめごとの仲裁をしたりする見返りに、現金90万円を神戸市中央区北長狭通を走行中の車内で受け取った疑い。いずれも容疑を認めているという。  兵庫県の暴力団排除条例は、神戸市の三宮・福原、尼崎市の神田新道、姫路市の魚町の4地区の歓楽街で、みかじめ料を要求した暴力団側だけでなく、支払った店側も1年以下の懲役、または50万円以下の罰金を科す(あいさつ料授受の禁止)。こうした「両成敗」で暴力団員と店側の関係者が逮捕されるのは今回初。

ラジオ関西

【関連記事】