Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「部屋から出ないようドアにソファを」3歳女児が餓死…「かわいがっていた」その一方で…知人らが語る母親の二面性

配信

FNNプライムオンライン

幸せそうな笑顔で…母娘の写真

7月9日朝、送検された梯沙希容疑者(かけはし さき・24歳)。 3歳の娘、稀華(のあ)ちゃんに十分な食事を与えず餓死させた、保護責任者遺棄致死の疑いが持たれている。梯容疑者は6月に知人の男性に会うために鹿児島へ出かけ、8日間、稀華ちゃんを自宅に放置していた。 【画像】誕生日や七五三を祝い…娘と笑顔で写真に写る梯容疑者と閉じ込めていた部屋の間取り図 母親と2人で頬を膨らませ、一緒に写真に写る稀華ちゃん。 2020年の正月に撮られた写真でも、母親と幸せそうな笑顔を浮かべている。誕生日や七五三のお祝いをするなど、娘を大切にしていたとみられる。

「稀華ちゃんをかわいがっていた」母の二面性

それなのになぜ、娘を8日間も放置してしまったのだろうか?梯容疑者を知る人に話を聞いた。 梯容疑者が通っていたコンビニ店員: 結構近所だったから、朝はパジャマっぽい部屋着みたいな感じで、朝ごはんを買いに来る。(稀華ちゃんは)目のくりっとした、かわいい感じ印象。ほんと普通の…子どもをかわいがっているお母さん 梯容疑者がよく訪れていたコンビニのオーナー: もう普通のかわいがっているママですよ 梯容疑者を知る女性: とても梯容疑者が稀華ちゃんを溺愛しいて、1つ1つの会話ができたよっていうのを報告して、おしゃべりしていた。 稀華ちゃんをかわいがっていたという梯容疑者。その一方で、彼女の行きつけの飲食店からは… 梯容疑行きつけの飲食店関係者: 多い時でだいたい週に1回ぐらい足を運んでいただいていまして。僕はお子さんがいるっていうのは初めて知ったので…今までそういう話は出なかったですし、非常に驚いています 24歳の母親が周囲に見せていた二面性。 調べに対して、梯容疑者は「死ぬとは思わなかった」と話しているという。しかし、その後の調べで次のような供述をしていることが分かった。 梯沙希容疑者: 部屋のドアをふさぐためにソファを置いていた。 留守中に稀華ちゃんが台所の包丁を取りに行かないよう、部屋をふさいでいたというのだ。 稀華ちゃんは8日間もの間、たった1人で部屋の中に閉じ込められていたことになる。 警視庁は、梯容疑者が育児放棄が発覚しないよう、ドアをふさいで閉じ込めていたとみて調べている。 (「Live News it!」7月9日放送分より)

Live News it!

【関連記事】