Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナ禍で見たイタリア人の意外な気質。じつは潔癖で徹底的

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ESSE-online

新型コロナウイルスによる累計死者数が世界第4位と、大きな被害を受けたイタリア。 徐々に封鎖生活から抜け出して日常を取り戻しつつあり、6月30日時点では、新規感染者は140人程度になっています。 イタリア・ペルージャ在住の日本人女性は、今回のコロナ禍をどのように見たのでしょうか。現地からレポートしてもらいました。

イタリア人はじつは潔癖。コロナ禍の現地レポート

●イタリア人は家族を守るためなら一丸となって立ち向かう まず、イタリアの感染者は北部に集中している。私の住んでいるペルージャは中部イタリアに位置するが、交通の要所から離れているせいか、ロックダウン中でも感染者は極めて少なかった。イタリアの戦々恐々としたニュースをテレビで見ていても、じつは実感がほとんどわかなかったほどだ。 ただいったん外へ足を踏み出すと警察や軍の車両が待機しており、一時は物々しい雰囲気を醸し出していた。 そんななかで私が恐れたのは人種差別だった。外見上中国人と変わらない日本人が差別を受けるのではないかという恐れが、正直なところあった。 実際、流行初期は中国人が経営するお店などは敬遠された。が、新型コロナが人種に関わらずその猛威を振い出すと、もはやイタリアは一丸となって脅威に立ち向かう形になった。

これはイタリアの地理的・歴史的背景が関係していると思う。イタリアはヨーロッパの最南端に位置しており、アフリカとの距離は海を隔ててわずか数百kmほど。 考え方はおおむねカトリック教にもとづき、多くの移民や難民をヨーロッパで最初に受け入れてきたことから、移民に対して寛容な土壌がある。もちろん移民に反対する政党もあるし、右傾化を危惧している人もいる。ただ、それを露骨に見せたりするほど極端なものはない。 また、ほかの西欧諸国に比べると、植民地支配の歴史が少ない。このため、一部の国の人々に対して優越感を見せつけたりすることもほとんどない。 イタリア人にとって大切なのは家族であり、それを守るためならとにかく一丸となって立ち向かう、これがイタリア人気質なのだ。

【関連記事】