Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

南野拓実は「フィルミーノの位置でいい」 ザルツブルクコーチが説く“別の役割”は?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Football ZONE web

今季半年間共闘したザルツブルクのマーシュ監督が南野の現状分析

 今年1月にリバプールへ加入した日本代表MF南野拓実は、トッププレーヤーがひしめくなかで厳しい挑戦に臨んでいる。公式戦7試合に出場してノーゴールノーアシストとまだ目に見える結果を残せていないが、ザルツブルク時代のヘッドコーチはブラジル代表FWロベルト・フィルミーノのポジションでプレーできると見解を述べた。英地元紙「リバプール・エコー」が報じている。 【動画】ザルツブルクコーチが太鼓判! リバプール南野が見せた今季「ベストプレー」トップ5  2015年にセレッソ大阪からザルツブルクへ移籍した南野は、計6年半オーストリアでプレー。UEFAチャンピオンズリーグのグループステージでリバプール相手にゴールを決めるなど活躍し、ユルゲン・クロップ監督に認められる形で今年1月にリバプール入りした。  現状は公式戦7試合に出場してノーゴールノーアシストと目に見える結果が出ていないが、今季約半年間ザルツブルクで指導にあたったジョゼ・マーシュ監督は、南野がリバプールでレギュラーになるためには時間がかかるとしつつ、才能は十分だと「The Liverpool FC Podcast」で主張した。 「今リバプールにいるのは、そのポジションで世界トップクラスの選手たちだ。タキ(南野の愛称)はまだ若いし、適応する必要がある。彼はサディオ・マネやモハメド・サラーのように爆発的な選手じゃない。フィジカル的な資質はあるが、非常にインテリジェントなフットボーラーだ。誰もが彼のクオリティーを理解するには時間がかかるかもしれないが、その時はきっと来る。戦術システムを理解する能力、攻撃すべき瞬間を見つける能力は素晴らしい」

「プレスをしてボールを拾うだけじゃなく、ビルドアップもできる」

 南野は“偽9番”として最前線でプレーするだけでなく、両ウイングでも起用されており、ザルツブルク時代はトップ下を主戦場としていた。クロップ監督も南野の最適なポジションを模索している段階にあるが、前線ならどこでもプレーできるユーティリティー性が南野の最大の強みであるのは間違いない。そのなかで、マーシュ監督は最前線で“別の役割”を与えたほうが理想だと考えているようだ。 「(リバプールは)攻守の切り替えが早く、激しいシステムのためサラーやマネの(ウイングの)ポジションが彼のベストになることはない。相手にプレスをかけられるロベルト・フィルミーノのポジションでいいと思う。ビルドアップのために10番ポジション(トップ下)に落ち、ゴールを決めるためにボックス内に侵入する。フィルミーノが得意だが、タキにもできると思う。彼は中盤の8つのポジションでプレーできる。プレスをしてボールを拾うだけじゃなく、ビルドアップもできる」  これまではファーストディフェンダーとしての役割が強かった偽9番起用だが、マーシュ監督はもっとビルドアップに関わらせてもいいと見解を述べた。プレミアリーグは6月以降の再開を目指すなか、南野はベストポジションを見つけられるだろうか。

Football ZONE web編集部

【関連記事】